IMG_0967

ガネちゃん、密売人になる

すっかりガネーシャのペースにハマった私は、満たされない食欲にため息をついていた。

「ア〜、何かいいことないかな〜」と、冷蔵庫を見つめながらささやいた。

するとガネーシャがおもむろにギャングの格好で現れ、そろそろ薬(ヤク)欲しなってきたみたいやね〜

これ、売りましょか?

と、おもむろに白い粉を私に見せた。

「ガネちゃーん、いくら神さまやからって言っても、法にふれるような事したらあかんわ〜。

あかん!あかん!」

と、首を横に振った。

「ま〜、ま〜なめてみなはれ。美味しいおすえ〜」

と、すり寄るガネちゃんを払いのけ、私は天童よしみになってみた。

「なめたらあかん〜🎶、なめたらあかん🎵」

すると、ガネーシャは、

「が、ははは……」と笑いながら、

「これは、砂糖や〜。何?感違いしてるねん。」と、あっさり言い返された。

砂糖の中毒性について

「あ〜びっくりした〜。砂糖って、そのものズバリはあんまり興味ないけど…」と、言うと、ガネーシャは首を傾げながら、こう説明した。

「あんた、毎日どれだけ砂糖の入っているもん食べてるかわからんのか〜?

あんたが、これ美味しい〜と感じる食事の中で、ちょっとした隠し味に結構入ってるんやで。

例えば、さっきわしが取り上げたマロンケーキなんか典型的やね〜。」

「ま〜、そりゃそうだけど、それがな、に、か??

別に悪くないでしょ〜」と、私が開き直ると

「わしの恋人で、オードリーちゃんがいるんやけど、あんたの友人に、ヘルスコーチのヘップバーンちゃんおるやろ〜。

あの子が、書いていたの読まへんかったんか〜?

砂糖はとてつもなく中毒性が高いので、昔はコカインと呼ばれていたそうや。

あんたが、冷蔵庫を眺めながら、何かいいことないかなぁ〜、とつぶやいている姿を見て、わしゃ、ピン!ときたね〜。

そろそろ、ヤクが切れてきたな〜ってね。

あんまりこむずかしい事はヘップバーンちゃんのブログ読んどいて、要はこれをどうやって体から抜くかが問題なわけやね〜。

いっそのこと、逮捕されてみる?」

「きや〜、いらん、いらん!

そういえば、以前書いたエリカアンギャルさんも同じ事言っていたわ〜。

逮捕されたら、好きな事できひんから、遠慮させていただきますが、砂糖中毒か…」

私はおもむろに無意識のうちに、脂肪様の大好物をお供えしていると思うとちょっと愛おしくなった。

そして、浮き輪をつかみながら、なでなでしてみた。もうすぐ臨月か〜。

夏までに産みたいな〜。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから