今日は、嬉しい〜〜♪お知らせなんです!!

今年の1月から習いはじめたゴルフ、1月末のスコアが168と散々だったのですがそれから半年で127になり、その後、右往左往していたのですが、ようやく110台のスコアに乗ることが出来ました!

パチパチパチ!!

実は、ここ2週間ほど前にコーチと話をしまして、上手くなるためには、いえ、100を切るためには絶対に基礎を固めておかないといけないという話になりまして、ず〜〜っと小さいスイングしか練習していませんでした。
クラブも7番とピッチングしか振っていないので、コースに出ることがとても不安でした。

そこで、昨日、コーチに明日ゴルフ場に行くんだけどどうコースを攻めたら良いか聞いたところ、

「練習所で習ったことしかやったらあかん!
大きく振ったらせっかく固まってきた小さいスイングが崩れてくるよ。
とにかく、スコアを意識するのではなく、習ったことを試す場所がゴルフ場やから」

と、アドバイスされてコースに挑みました。

ドライバーを練習していないので、触ること自体が久しぶりです。

初めは上手く打てていたのですが、次第に崩れてきました。

あ〜〜やばい!!と感じ、とにかく自分のスイングを認識しようと動画を撮ってもらいました。
すると、身体が大きなクラブを振ることでスイング起動が崩れているのです。

それは、まるで、船に揺られているようなスイングでした。
こりやあかんわ!と再認識。

それからは、スタートからずっと7番アイアンで打ち続けました。

すると、練習しただけあって安定したショットでずっとフェアウェイに乗り続け、砂場で遊ぶことなく(笑)
なんとかここまでスコアを伸ばすことができました!!バチパチパチ👏

このように、ゴルフ場はスコアを出すための場所ではなく、練習の成果を試す場所として捉えることで、数字に一喜一憂するのではなく、何が出来て、何ができなかったのかの改善点を見い出すことができそうです。
100切り目指して頑張りますー!

こちらが、レッスン動画です!
『小さいスイングは、バインダーを挟んで手首を固定する感覚を掴む』

この記事を書いた人

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから