ブログを書きたい!と思っていてもなかなか時間が無くてなおざりになっていませんか?

実は、モノクロキャンプのブログ勉強会でも幾度となく話題になるテーマです。

そこで、モノクロさんのからのアドバイスは下記の3つでした。

  • ブログ時間を20分と決める
  • 検索をしない
  • iOSのアップデートで特に役に立っているもの集中モード機能

集中力は25分が限界

集中力を高めて生産性を上げるために、ポモドーロテクニックでは、25分の集中と5分の休憩を組み合わせてすると効果的と言われていますし、それ以上の時間をとるとなるとついで作業というわけにはいきません。

ブログを気楽に書く際にどうしても壁になるのが時間です。

毎日いろいろ忙しく過ごしているわけですから、さてブログを書こうと構えるとハードルが高くなってしまいます。

そこでモノクロさんのお勧めは、20分間と言う時間で区切ると言うことです。

20分ぐらいならと思って1日の中で1回ぐらいは、書くことに向き合う時間を作ると言うのは確かにいいかもしれませんね。

iOS 15で新しくでた機能 集中力モード

そこで最近でたiOS 15は、アップデートすると集中力モード機能が使えるようになります。

この機能を使ってブログを書くことで、SNSやカレンダー、電話のお知らせ機能を完全に外して書くことに集中できる状態を作ることが出来ます。

実は、20分ぐらいならさほど携帯からの通知も朝なら来ませんが、この集中モードのボタンを押すことで、さて集中して頑張ろうというふうに自分にコミットできるから不思議です。

ネット検索をして文章に完璧さを求めない

とは言え、何を書いたらわからないなぁと思って、書くきっかけの文章の引用だとかをウェブ上で探していると、これまたネットサーフィンになっていくわけです。笑

書くことなのか、それとも、調べ物をすることなのかが自分の頭の中が混乱してしまい、もともと目的である自分の考えを文章にしていくことが出来なくなるわけです。

また、20分と言う時間は、集中力には適しているとは言え、いろいろ調べ物をしているとそれだけでは時間が足りなくなるのも事実です。

なので、自分の頭の中の考えをアウトプットすることに集中する時間と、文章に関しての補足であれば、それだけを後で検索する時間を切り分ける方が効率的だと考えています。

iOSを15にアップデートしたので、この集中モードを有効的に使って、自分の考えを意図的に言語化してみたいと思います。

実際に、ここまで書くのに、音声入力で5分もかかっていないので、この後、誤字脱字修正と、調べ物を仮にしたとしても、20分位でうまく自分の考えがまとまりそうです。

今まで、考える時間を朝、集中的に持ってノートに書いていましたが、こういったこともチャレンジしてみるのも面白いですね。

こちらの画面が、集中モードです。

余談ですが、おやすみモードも活用しています。
夜10時半には携帯がお休みモードに入るので就寝準備に役に立っています。

では、また!

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから