もうすぐブログを書いて1000記事になります。
厳密には959記事目なんですが…

最近では、早く1000記事に達成したいという欲と、1000記事も書いているのになんか上達していないなぁ〜という虚無感が沸々と湧いてきました。

この心の奥には、
人から褒めてもらいたい
凄いじゃん!と認めてもらいたい気持ちがありまして、

反面、だから何なのよ?それで何かあったわけ?と問うている私がいます。

一記事平均して1000文字書いているとして、ざっと100万文字になり、書籍一冊10万字とすれば10冊以上の本を出しているわけです。

その数字に、

お〜〜〜!
と感動したものの、自分に結果が残せていないのでなんか落ち込んでしまうんですよね。

そこで、仮にこんな悩みのクライアントがいると想定して、自分がコーチだったらどんな質問をするか考えてみました。
数字や結果にあまりにもこだわり過ぎているクライアントです。

「 ねえねえ、ブログ書いている時ってどんな気持ちなの?
自分にとってのブログって?
始めた頃のブログってどんなんだった?」

ふと、始めた頃を懐かしく思い出しました。

そういえば、あの頃は書くこと自体に力が入っていて、一記事書いたら息切れして、しばらくもういいや…と休み休み書いていたなぁとか、
なんか伝えるために一生懸命だったんだけど肩に力が入っていて息が詰まりそうなこともあったよね。
そうだ…夜遅く眠たい目をこすりながら頑張っていた日もあったよね。

そんな思い出が、一記事一記事読み返す度に思い出されます。

初めは100記事、次は200記事、500記事、800記事、そして、

1000記事書いたら凄いことが起こるんじゃないかと期待していたけど、そこには何もありそうにないね。笑

また折り返し地点に立ったと思ってバムクーヘンのように層を重ねていけば、人生の幹が太くおおきくなって高く自分を成長させていくに違いないと思う今日。

さて、さらにパワーを入れてしなやかな年輪を作っていこうかなぁ。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから