ロジカルに考える癖というのは、実はこんなことから生まれるのではないでしょうか?そんなお話です。

しっかりとした意見を述べたり順序立てた答えを導き出すには、毎日の思考の訓練が必要になってきます。

しかし、どうやったらできるのか?なかなかうまくできない〜!という方、ほんのちょっとしたことで、自分の思考が鍛えられていきますよ。

今朝の出来事

今朝、子供を駅まで送って行く際に、子供が「あ〜〜今日も幸せ」と言ったので、なぜ幸せ!って言うんだろうか?と疑問に思いました。
「なんでなん?」と聞こうとしたんですが、昨日書いた『3』という数字が頭に浮かんだので、「その理由を3つ答えて?」と聞き返しました。

すると数秒考えて、「3つか、、、。」というと、おもむろに
「美味しい食べ物」「寝ること」それから、、、、「帰る家があること」と答えが返ってきたのです。

多分、彼女の中には、今日も美味しいご飯が食べれて幸せだなぁみたいな気持ちで、ふと声に出したのですが、私が3つの解を求めたところ、最後の一つは少し考えていたようです。

このように、多分質問をすればさっと1〜2は出てくると思いますが、最後の一つとなると少し間を開けて考えるのです。

しかも、3つと絞られたことによって、脳は瞬時に本当にこの3つでいいのかを考えているんですね。

親子で鍛えるロジカル思考

私は、昨日書いたマインドマップに3つの定義で書きましたが、このように質問の解も3つしてもらうことによって、精査されるようですね。

私は、子供に試してみてなるほど〜と確信を得たのですが、今度は自分のことに置き換えて、3つの解がいつも用意されるよう自分自身にも問うてみたいと思います。

一度、誰かに試してみてください。思わぬ発見が得られますし、もし子供さんなら、物事をロジカルに考える思考力がつくきっかけになるのではないでしょうか?

「3」つの解の先に見えたもの

  • ロジカルに考える癖がつく
  • 明確化
  • 個性

「選ぶ」という作業を始めると自ずと頭が動き出してきますから、その理由はなに?3つ答えて!と質問する癖をつけることで、ロジカルに考える習慣がつきますし、話していてもわかりやすく、かつ、解を3つ選ぶので人と違って個性が出てきます。

また、こちらはお子様に質問するときにも有効です。

是非、親子で楽しんでみてください♪

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから