私は、ここ6年位、数名で1ヶ月1回ブログなどとのITサポート勉強会に参加しています。
毎回、参加者さんのブログを読んでフィードバックするのですが、

始めた当初から一緒に参加している友人から、

最近のみっちゃんのブログおもろないと言われました。
理由は、『らしさ』
がないとのこと。

なんか、機能紹介などの説明文は書いてるんだけど、それって誰でも書けるやん!

って、、、。

例えば、クーラーを購入したというブログは、
俺がみっちゃんなら、
購入するということは、故障した訳やんか。
故障した時、みっちゃんなら、キャー大変!出費嵩むわ!って絶対思ったと思うねん。
その部分が抜けてる。
みっちゃんなら、どう感じたか書いた方がええと。

例えば、ルンバを買った。
確かに、生産性は上がるけど、
俺やったら、
ルンバを一つの機械と捉えるのではなく、
猫や犬の様に、扱うと思うなぁ。
頑張って仕事してるなあとか、
あいつ、今日はバッテリー切れて途中で休んでるやん、何サボってるねん!
みたいな感情を俺やったら織り込むなぁ、、、

その後、色々喋って、
私、憧れの人を良い意味でマネしてる所いっぱいあるけど、もしかして、この部分が災いしてるんじゃない?と思ったと、その時感じたことを伝えると。

よーー言うた!

その言葉待ってたんや。
それ、伝えたかったんや。と言われました。

また、ブログ勉強会では、ブログの型も教えてもらっています。
確かに、検索されるキーワードを使うとか、相手のメリットを伝えるのはとても大事です。

しかし、目先のテクニックに囚われて、自分のブログなのに、自分の感情や、自分目線を表現することを忘れていたんだと思います。
多分、ここが、私らしさなのかなぁと思います。

尊敬する人や型をマネするのは、いいことですが
自分らしさのエッセンスをちゃんと織り込まないと、あかんなぁ。と思うフィードバックでした。

その夜は深夜まで友人と喋っていて、翌朝はとても身体がだるかったのですが、その怠さととは裏腹に清々しい気持ちと、私の心はポカポカしていました。

良い友人たちに恵まれて、本当幸せだなぁと感じた、気怠い夏の朝の出来事。


オクラの様に、真っ直ぐ、太陽の光りに向かって実らしていこう!

この記事を書いた人

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから