昨日、仕事の依頼で胡蝶蘭の注文をいただきました。

一般的には、私たちが目にする胡蝶蘭は花屋さんではせいぜい3本〜5本立ちというところでしょうか。
胡蝶蘭の豪華さは、花の大小、花の数、花の立っている軸の本数と長さで決まります。

客様のご希望で、もしあれば、10本立ちの胡蝶蘭が欲しいとのことでした。

10本立ちというのは、オーダー品で、正に特別なのです!

値段もそれ相応になること以上に、かなり特別な時にしかこういった商品にはお目にかかりません。

お客様は、以前、10本立ちの胡蝶蘭を見て、なんて素晴らしいんだろう。いつか私もこんな胡蝶蘭を人にプレゼントしたいと思われていたようです。

今回は、いつも変わらぬご愛顧いただいているお客様に、お祝いの品としてこちらの商品があれば用立てて欲しいとのことでした。

皆さんは、贈られる方が良いですか?それとも、贈る方?

人は、きれいな花を見ると心が躍るものです。ましてや、それを特別な方からいただくのであれば、本当に嬉しいものですね。

うらやましい〜〜!!
欲しいと思う方はたくさんいらっしゃると思います。そして、私もその1人です。

しかし、今回は、贈られるより、こういったお花を贈る人になりたいと思いました。
それぐらい、すごいお花でした♪

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから