今年は手術に縁がありそうで、その縁を切ってもらいにいきました。

前回の網膜断裂手術では、網膜を繋げたんですが、今回は、歯の根元に膿が溜まっており以前から様子を見ていましたがやはり除去することになりました。

原因は小さい頃に事故で歯を折ってしまって被せていた部分から長年の歳月をかけてバイ菌が入って、こうなったのではないかと言う仮説です。

あららら、、、、。

前歯の歯の根元にある膿みを切除するのですが、そのために前歯の歯茎をめくって、根元の歯を削って膿の袋を摘出する手術です。名前が難しくて、この字書けませんが歯根嚢胞(しこんのうほう)摘出と言う手術です。

手術とはいえ、日帰りの局所麻酔、手術時間は30〜40分程度でできます。

気軽な気持ちで行ったのですが、流石に術後は、かなり痛みがあるのでゴルフはあかん!と説明を受けてレッスンはお休みを取って真っ直ぐ帰宅しました。

術後3時間ほどで麻酔が切れて、痛くなったけど痛み止めの薬飲むほどではなく良かったです。(ただし、ドクターからはちゃんと飲んでくださいと言われたから飲みましたが…)

予想される痛みは2日程で、腫れは3日目が最高に腫れるらしいです。

術後、前歯の歯茎は、ブラックジャックの頬のように前と後ろでかがり縫いされ、傷口は6㎝程。

知人から、すげ〜3日間痛いよーって脅かされたけど、翌日には、痛みが取れて良かった💕
私の思うに、お酒とタバコを摂取していないからだと個人的見解に至りました。

翌日の消毒と経過診察で、ドクターに痛みがないので痛み止めを辞めてもいいかを確認して、極力お薬の摂取を減らしました。

経過は順調で来週抜歯。

腫れて良かったことは、ほうれい線が薄くなったこと。、笑笑
ここだけは、ずっーっとそうして欲しい傷口の残骸ですね。

ただし、口周りの殴られた様なアザは、早く消えて〜。

何よりも苦痛なのは、

あーー!しゃべりたい!!

しゃべることと、食べることが出来ないのは私の特技を奪われた様なものだ!と実感!!

病院の帰りに、デパ地下行ってこんなに頑張ったんだからと思いっきり好きなもん買って食べたことが、今の細やかな幸せです。

小さい時のおたふく風邪を思い出しながら
おたふくの顔に、乾杯!

この記事を書いた人

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから