片方の鼻の穴を塞ぎながら、もう片方だけで息ができますか?
私は、右側はスムーズに出来るんだけど、左側は詰まった感がありました。

実は、友人から勧められた鼻うがい、その後がとても良かったと聞いて、私もチャレンジです。

緩い鼻うがい方法

小さなボール型の腕に100ccのお湯(人肌程度)に塩を入れて1g溶かし、片方の鼻を指で押さえてゆっくりと吸い込みます。

やり方としては、

  • 片方の鼻を押さえもう一方ですすり、吸い上げた食塩水を鼻から出す【緩いやり方】
  • 啜った塩水を喉から出すやり方
  • 啜った塩水をもう一方の鼻から出すやり方

があるのですが、とりあえず、怖いので鼻から出すやり方にチャレンジしました。

ほんま、恐る恐るやったわー。

途中、塩分の味が喉の奥にほのかに残りましたが、これは微妙な塩水が流れているサインです。
片方を2〜3回を交互に繰り返しました。

その後思いもしない頃に、タラタラと鼻から水が流れてきて、おっっと!!とハンカチで鼻を塞ぐシーンもしばしば。

ふ〜〜ん、こんな感じか…

鼻うがいの効果は直ぐに

寝る前にチャレンジして、さほど爽快感も感じられなかったのですが、その夜、効果を感じたのです!

深夜、意識が薄らしている時に、アレレ、、、、

右も左も鼻の呼吸がスムーズなんです!!
今まで、こんだけ、こもやってたんや、、、と思うぐらい鼻の穴が大きくなったような、モヤっととしていた霧が晴れたような感覚です。

おおーーー!これか!!
友達が、やってる最中はむせたり、鼻水が出たりすると言ってたけど、継続してやる理由がわかりました!

私は10日前に歯の手術をして歯茎を切ったのですが、口腔外科で診察をしてもらった後、最後に『塩水で洗いますね』と先生が歯と歯茎の間を消毒された際、そっか!!生理食塩水って考えてみれば殺菌作用も含まれるのでこうやって鼻の中をむりない程度に洗うのは良いことだと認識が深まったのです。

鼻うがいの後、残った塩水はうがいに使っても風邪の予防になるよね。フムフム。

興味ある方は、片方の鼻を押さえもう一方ですすり、吸い上げた食塩水を同じ鼻から出す緩いやり方でやってみてください。

これなら、ゆるっと始められるはずです。

鼻うがい用のスターターキットがあるみたいね。

https://www.amazon.co.jp/サイナス・リンス-スターターキット-洗浄ボトル-240ml-調合済みサッシェ/dp/B07TBDBRH8/ref=asc_df_B07TBDBRH8/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=342483562493&hvpos=&hvnetw=g&hvrand=14040534447068702817&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=9053403&hvtargid=pla-822820570045&psc=1&th=1&psc=1

これは、使ったことないけど便利そうですね。

とにかく、鼻呼吸が自然と出来ることは、喉にも良いのでしばらく続けてみようと思うの。
どうしても、口呼吸中心になって、おしゃべりな私はついついしゃべりながら酸素不足に陥ってる。笑笑

鼻呼吸をすることで、脳に酸素も送り込こみ気持ちも整えられるしから、これ大事だね〜。

花粉症もあるので、春には効果があると良いなぁ。

今朝もやったけど、その後のスッキリ感がいい感じ。
既に2週間程続けていますが、やらないと詰まった感じが確かに残っているので、1日に一回はやるようにしています。

ゆるっと鼻うがい始めてみませんか?オススメです。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから