目標と目的が明確な方が願いが達成しやすい』と言われれば、そんなこと当たり前やん。そやけどその設定が難しいから達成できひんにゃん!と思っている方も多いはずです。

実は私も頭でわかっていたんですが、先日ゴルフのコーチと話していた時に、なるほど!そういうことだったんだと府に落ちました。

実は、ゴルフレッスンをする際に、今回はこういったことに注意しましょうねと言われることがあります。

前回は、ドライバー飛距離を伸ばしたいなら構えをきちんと覚えましょうということでした。

コーチが見ていると、私のドライバーの構えが少し右に傾いていることで、そこからクラブを振っても円を描くように軌道が安定してこないというのです。

私の今月の目標はドライバーで飛距離を上げることなので、そのために直すべき課題をコーチがフィードバックしてくれることで、練習中はかなり意識して取り組むことができます。

しかし、コーチが横について指導が入るとその時は出来るのですが、癖というのはすぐに直ることはないので、次のレッスンでは元の木阿弥ということもしばしば。笑

ですが、これを練習の始めと最後に自分の頭の中で問いかけることで、かなり効果があると感じています。

これは、コーチングでも使われる目標・目的を明確にするために相手に問いを立てる手法なんですが、日常生活でも応用することができるんです。

私は音声入力をスムーズにしてできるだけ自分の内なる言葉を言語化しようと考えていました。正に、目標です。

目的は、自分の考えていることを言葉を通して伝えることで、読んで頂いている方に負担がかからずにちょっとした気づきが促されて、より豊かな生活が送れたら良いなぁと思っているからです。

そのことを意識し始めると、こうやったら出来るんじゃないかなぁ…といろいろなアイデアが湧いてきます。そう、着想持ちの私がワクワクする手段がいっぱい出てくるのです。

そこで、購入したのがBluetoothのネックスピーカーでした。

3年ほど前からこの存在は知っていて、以前から欲しいと思っていましたが、買おうと言う決断には至りませんでした。

音声入力やKindle本の音読もしていたにも関わらず、私の気持ちは、それほどまでにたくさん本を読みたいとか、文章をたくさん書きたいと思っておらず、ふぁ〜〜っとあったら良いなぁと考えていたからだと思います。

このように、私たちは意図的に意識をしないとなかなか実行できないようですね。

例えば、何かなしにお金持ちになりたいとか仕事で成功したいと思っていても願いが叶わないのは、ふわっとした気持ちなのでどうしても実行に移せないのです。

しかし、抽象的比喩からもう少し具体的な行動に落とすことで、夢が確実に近づくことが出来ます。

いま何気なくやっている行動に、もう少し明確な目標とか目的を意図的に設定することで、きっと小さな一歩が踏み出せるんではないでしょうか?

私も、健康と社交のためにやり始めたゴルフですが、上手くなりたいという欲が出てきました。
なので、ゴルフのレッスンを通うことは現在においては大事な課題になっていますので必然的にスケジュールに入っています。

このように日常生活の中でやっている行動ひとつとってみても、目標や目的を考えてみる習慣はかなり効果的だと感じています。

初めはふわっとしたものかもしれませんが、その目的に沿って行動するためのリストを作ったり、それに近づけルためのに道具や人に助けを乞うといことが出来るようになり、その先に自分の人生を豊かにするにはどうしたらいいのか?お金持ちになりたいにはどうしたらいいのか?などの夢から実現への糸口がきっと見えてくるはずです。



この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから