「何でも買ってあげるから何がいい?」と言われたらどうしますか?

なんでもって何よ?家でも車でもいいのかな?(笑)それとも今欲しい、カバン?洋服?

いやいやそれは…と遠慮しちゃう???

このように、なんでもと言われると欲しいものが決めにくかったりしますよね。

これは、アイデアの出し方でも同じことが言えていて、そこそこの規制がある方が斬新的なアイデアが生まれたりしやすいものです。

今日は、アイデアを展開するために制限を確認してしてから始めることを書いてみたいと思います。

制限があってこそ決められる

買い物に行く時、ある程度予算や欲しい商品を決めていくと、どこで買うのか?どんな洋服にするのかがおのずから決まっていきます。

しかし、漠然とウィンドショッピングをしていると予想もしなかったものを買ってしまって後悔したり、反対に、買えずに疲れ果てた経験ありませんか?

このように買い物ひとつとっても予算やどういった商品かの制限がある方が買い物もしやすいようです。

毎回、私が依頼された寄せ植えを作くる際にも同じように、鉢の大きさやデザインを決めて、そこから何を植え込もうかと考えます。

すると、苗のサイズや個数を選択することもできますし、鉢が絵で言う額縁の役割を果たしてくれていますので、色や品種を悩まず選択ことができます。

このように、制限というとネガティブに感じますが、それがある事で、意外とアイディアが生まれたり個性的な商品も誕生しやすいものです。

そう言えば、コロナによって様々な規制がありますが、それによって今までにはない新たなビジネスや商品も誕生していますね。

制限を上手く活用しましょう

これは目標や夢を実現する時にも、役に立つのです。

え〜〜〜、私、長続きしないタイプだから(笑)三日坊主です!
覚えるの苦手だし。
時間がないし。そう、お金も充分にない!。

それも一種の制限です。

なので、ムリ!ムリ!と諦めずに、始めから解っていることもあえてひとつの制限と考えて一旦書き出してみましょう。

そうすることで、とっ散らかったアイデアが少し集約されてその中で、どういう風に取り組めるかが明確になってきます。

なので、制限は一種のアイデアの起爆剤と考えて、アイディアを展開する為にも、この制限についてはじめに確認しておくと、より良いアイディアが生まてくるかと。

では、また!!

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから