〇〇しなければならないと思った瞬間、心の中で「めんどくさいなぁとか」「しんど〜〜」と思っていませんか。私、そんなこと山ほどあるんです。

そこで、今日お話ししたいことは、自分でそうしないといけないと思っていないかを疑ってみるということです。

例えば、お料理の際に入れるじゃがいもです。

私は、じゃがいもの皮を剥くのがいつも面倒に感じており、カレーを作る際にじゃがいもを入れない回数が増えていました。(笑)

しかし、娘はジャガイモ入りのカレーが好きなので、作るたびにカレーにジャガイモ入っていないの?と催促されます。なので、娘がいる時だけしぶしぶ入れていたのです。

しかし、ふと思ったことは、「そもそもなんで皮を剥くんだろう?新ジャガだったら大丈夫ちゃうか?」と思ったわけです。
ファミレスで食べるフレンチフライば皮付きだし、それをまずいなぁとか思った事はありません。

そこで、春は新ジャガの出回るシーズン、皮を剥かなくても食べられるんじゃないの?!と試しにカレーやポテトサラダに皮ごと調理品を出してみました。

もちろん、芽の部分は天然毒素が含まれていますのできれいに取り除きますが、新ジャガともなると発芽した芽の部分はほとんどありません。なので、食器用スポンジで洗うと土がきれいにとれますから、そのままカットして料理に利用するようになりました。

すると、新じゃがの時期はジャガイモの料理がとても多くなったのです。

旬の物を食べると良いと言いますが、全くその通りで、皮が薄いので非常に食べやすく、栄養価の高い皮の部分も一緒に摂取することが出来ます。

さらに、じゃがいもの品種にはこだわると、どんな調味料を使用するよりも、素材の味が生きたおいしいじゃがいも料理を食べることが出来ます。

オススメは、ポテトサラダには『きたあかり』がとてもおいしく、ホットクックで作るとホクホクで少しねっとり感もあり、正にポトトサラダのために生まれてきたんじゃないかと思うほどです。

男爵やメークインのじゃがいもはいつでも食べれますが、春は品種名が記載されたじゃがいもが店頭でも並んでいて、それぞれの良さを堪能出来ます。

このように、じゃがいも一つとっても、いつものクセで同じじゃがいもを買って同じような調理をするのではなく、当たり前を疑うことで新しい方法が見えてきたり工夫することも出来ます。

ぜひトライして、今までよりもより快適な生活を送ってみてください。

私も春になるとグッとじゃがいもを食べる回数が多くなってきた今日この頃です。

こちらの動画は、

楽ちん!卵入新じゃがポテトサラダの作り方、隠し味にパルメザンチーズです。

是非、ご覧ください!では、また!!

[blogcard url=”

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから