皆さんは「どんど」というのをご存知でしょうか?

「どんど焼き」とは小正月(1月15日)の行事で、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事だそうです。

私たちの地域では、田んぼに、長い竹や木、藁、茅、杉の葉などで作ったやぐらを組み、正月飾り、書き初めで飾り付けをしたのちそれを燃やし、残り火で、鏡割りをした餅を焼いて食べ、御神酒が振る舞われる祭りごとで、1月15日前後に区域全体で行われます。

どんど焼きの火にあたったり、焼いた餅を食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えもあり、無病息災・五穀豊穣を祈る民間伝承行事なのですが、我が家は今年は喪中のため、参加することができませんでした。

なので、いつもは、焼いたお餅を持ち帰って、家でお善哉を作って食べるのですが、今年は、お善哉のみを楽しみました。

昨年と変わったことは、ホットクックを購入したことで、小豆からとても簡単で、美味しく作ることが出来きたのです。

では、ホットクックを作ったら、どれだけ簡単にできるかのご紹介です。

ホットクックでのお善哉の作り方(8人前)

  • 小豆 300g
  • 砂糖 300g
  • 塩 小さじ1/2
  • 水 900cc

始めに小豆をサッと茹でます(虫が小豆の中に入っていないか確認のため)

その後、小豆と水を入れて、ホットクックメニューの7−6で、2時間小豆を煮ます。

煮るのに時間はかかりますが、その間火の側に居なくても良いので助かります。

2時間したら報知音が鳴るので、蓋を開けて砂糖(今回はラカントSを使用しました)と塩を投入です。

この時点で、既に小豆は柔らかくなっています。

残り30分煮ると小豆が出来上がります。砂糖を加えることで、とろみが増してきました。

まだ、内鍋は熱い状態なので、お好みの緩さにするために、お水を足して再加熱をしてお善哉を作ります。

少量作りたい場合は、つぶあんとお善哉に分けて作ります。

お餅は、レンジかトースターで温めて出来上がりです。

一年前は、お鍋でコトコト煮ていたのが嘘のように楽ちんになりました。

寒い冬は、心も体もあったまりますね( ´ ▽ ` )

あれ〜〜?この間は誕生日ケーキ、今日は善哉かよ!甘いものは週一回って言ってたんちゃうん!?

まぁ、今日は季節を味わうということで!!勘弁して〜〜〜笑



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから