クリスマスケーキと言えば皆さんはどんなケーキを思い浮かべますか?

子供たちが小さい頃は、デコレーションケーキが主流で、クリスマスイブになるといただくのが通年でしたが、今では子供たちも成人しクリスマスケーキを食べることが少なくなってきました。

食いしん坊の私としては、ケーキを食べる機会が減ってちょっと残念だったのですが、数年前に『シュトーレン』と言うクリスマスケーキを友人から頂きました。

シュトーレンとは、洋酒に漬けたドライフルーツやナッツを、バターたっぷりの生地に練り込んで焼いたドイツの伝統菓子で、主にドイツ洋菓子店やパン屋さんで販売しており、正にお袋の味的存在です。

存在は知っていたものの、子供たちにとっては、やはり生クリームやチョコレート、イチゴのデコレーションが魅力的で買う機会をすっかり失っていいたのですが、これを機にこの時期になると楽しみの一つとなりました。

11月の末ぐらいから販売開始され、ほんの少しずつ切ってクリスマスの訪れを待つのが楽しみ方のようですが、うちでは、美味しいのであっという間になくなってしまうのです。

自分の食べる分だけ切り分けるので、大人のつまみ食いのような感覚で更に楽しみが深まります。

この食べ方を覚えた私たち夫婦は、シュトーレンが販売されると必ず購入して楽しんでいます。

大人になると、サンタさんからの贈り物とは縁遠くなりますが、シュトーレンのクリスマスケーキなら長期間、こっそり楽しみながら味わうのも良いものです。

今年は、パン屋さんで見かけた普通のタイプのシュトーレンと別の洋菓子店で見かけたチョコレート生地とチョココーティングのシュトーレンを購入しました。

クリスマスまで保つかなぁ〜
とても楽しみです!

この記事を書いた人

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから