• ブックマーク

最近では、厚手のセーターを洗濯してタンスの中にしまうことがとてもうっとおしい気持ちになってきました。

その理由は、

徐々に春らしくなってきて日中はコートもいらないんじゃないかしら?と思う程暖かい時があるからです。

私の住んでいるところは、奈良の山間部で、朝はまだ気温が2〜3度とかなり低い時もありますが、3月に入り気分的には、春らしい色合い目がいくようになってきました。

不思議なもので、秋は10度位の寒さでも非常に寒く感じセーターが恋しくなってきたのに反して、そろそろ暖かくなり始めてきたこの頃は、逆に薄手のセーターや春らしいコートにスカーフやカーディガンを重ね合わせて体温を調整する方を好むようになってきたのです。

動物が冬眠から覚めてゴソゴソしだすように、私たちもそろそろ動きやすい洋服で活動したいと無意識に思っているようですね。

それが如実に感じたのが、この鬱陶しさだったのでしょう。

そこで、徐々に厚手のセーターを洗濯し終わった後、収納ボックスに入れていく作業をしています。
特に、キルティング生地のスカートや厚手のタイツ、靴下、モフモフとした襟巻きなどは、かなりタンスの中で嵩になる存在です。

普通の収納品に較べると3倍程の収納スペースをとり、これを数枚収納ケースにしまうだけで随分と他の衣類が取り出しやすく感じられます。

3月から4月にかけては、転勤や移動、進学と物理的にも季節の変わり目となってきます。

その変化に徐々に対応出来るよう、先ずは毎日使う衣類の収納にも少し目を向けてみてはいかがでしょうか?

私も厚手のセーター2〜3枚と靴下、タイツ、起毛のスカート、パンツ類などを収納ケースに入れることで、随分取り出しが楽になりました。

また、収納する際に今季使わなかったものは処分して、春の新しい風を入れてみたいと思います。

こちらもおすすめブログです!

こういった大きな収納ボックスは、車が無ければ宅配に限ります!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから