『二度あることは三度ある』

ということわざはご存知かと思いますが、実際にトラブルに巻き込まれてから「そう言えば、、、」ってことありませんか?

実は、大学生になる娘が、iPhoneのイヤフォンを新しく自分のお金で買いました。
購入後の翌日に、イヤフォンをしながら、屋外の階段を駆け上がってドアを開けた瞬間、右耳のイヤフォンだけその振動で耳から飛び出して屋根瓦からトユに、そして、このトユをつたって排水炉に落ちてしまったのです。

iPhoneのイヤフォンは3万円程しますし、買って2日で失くすとは!!

おかげさんで私までイヤフォン捕獲作業に参戦することになりました。(泣)

くしくも、昨日は大雨。

トユの排水炉の奥底で音が聞こえているものの、なかなか取れません。

30分ほどスッタモンダして、排水路を外して救出したわけですが、よくよく聞いてみると右耳だけ子供の耳にフィットしていないらしく、以前も落としたことがあるそうです。

その際は、ただ落ちただけでしたから問題はなかったのですが、今回は、運悪くトユの排水炉に落ちるとは、、、笑

ついに!トユを外して泥と水の溜まった角から救出したのでした。

とはいえ、このような経験を以前からしていたのにも関わらず、なんの対策もしていなかったとは、いやはや、、、。

本来なら怒って注意していたんでしょうが、実は、私もフック型のピアスを年末に買って喜んで着けていたら、その日にひっかけて落としました。幸いにして直ぐに見つかったので「危ない、危ない、」と思い、しばらくつけていませんでした。
しかし最近になって、そのピアスをつけて外出をしたのですが、マフラーを脱ぎ着する際に耳元に触れて、気が付いたら失くしてしまっていました。

このように、実は問題は何度となく小さな影のように押し寄せてくるのですが、些細なことなのではじめはそれが問題だとは認識していないようです。

また、問題だと認識すればする程、身動きが取れなくなってしまうので無意識に無視する傾向があるようです。

まぁ、親子共々だなぁと心で笑っていたのですが、本当、『二度あることは三度』ある。

些細なことだとすっかり忘れてしまいますが、こんな些細なことの積み重ねが、大きな事故にもなりかねないと思った昨日でした。

皆さんも、そんな経験をなさったら、『二度あることは三度ある』と思って対策を講じてくださいね。
では、また!!

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから