私たちは退屈な仕事や、あまり気の進まないことをする時、どうしても横道をそれたがるようです。
そうすることで、そのことから逃げることもできますし、なかなか進まない言い訳になっているようです。

確かに、退屈な仕事はやっていてもなかなか集中できず時間だけが長く感じますよね。
まぁ、頭の中は、心ここにあらずといった感じでしょうか。
で、思いついた事に横道外れていつまでたっても完成することができません。

というのが、いつもの私でした。

メモをとることで反応に隙間をいれる

そこで、先日から、思いついたことをするのではなく、思いついたら一旦メモにとり、明日以降にするか、1日の中で余裕のある時間帯にするように決めました。

すると、今まででしたら過剰に反応していた些細なメールの返信や、ネットでの調べ物が随分減ったように思います。
要するに、朝1番はそういった事はしないと決め、事務の時間帯にするようにしたのです。

すると、思い立った事はどんどんとメモに書き止めておかないと、せっかくの調べものをする時間帯に何をしたらいいのか忘れてしまうからです。

また、日用品などで足りないものも、メモをしておかないと買い忘れが生じ、再度足を運ぶことになってしまいます。

メモをすることでかなり忘れ物が減るように、私が直ぐに反応する行動もメモをしておくと、あ!忘れないように早くしなくっちゃ!!という焦りが無くなってきます。

そうすることで、急に何かがあった時でも落ち着いてそわそわせずに、物事に反応せずに作業が進むようになりました

この訓練をなぜしているか?

実は、人の言われたことに過剰に反応すると言うこととよく似ています。

誰かが、「ちょっと急いでいるから早くやっておいて!」とか、「今日は飲みにいきましょうよ♪」と誘われた時も、一呼吸置くことができるようになってきます。

すると、今の自分の状態を確認してからやる・やらないを決めることで、相手に対して流されずに返事をすることができるようになってくるんじゃないかと思っています。

このように、同じやることでも、やらなければならない事と思いついたことを直ぐにやってしまうとは似て非なるものです。

感情も然りで、相手から言われたことに対してすぐに反応してしまうよりも、一呼吸おいて解決策を並行して考えていく方が、同じ反応でも結果や方法が全く違うわけです。

こういった些細なことから取り組んでいくと、気持ちもいつも平準化できるのではないかと期待しています。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから