花より団子と言われるくらい、不況のあおりを受け、私の仕事である園芸業界もあまり業績が良くありません。ましてや、コロナ禍の中、暗いニュースが飛び込んでくると、ついつい財布の紐も閉めたくなってしまいますよね。

ですから、当然業績が悪いと思っていましたが、、、。
売上げの数字を現実に突き付けられて数週間前まではかなり落ち込んでいた私です。

そんな時に、コーチから、

「頭でわかっていても心で今ようやく実感している状態なんですね。
海で溺れそうになった時は、がむしゃらにバタバタするのではなく、力を抜いてごらん。一旦、沈むけれどその浮力で浮き上がってくるでしょう。なので、力を入れずに少しこの状況を感じたり、味わってみたらどうかしら?」

と言う提案がありました。

確かに、どれだけ頑張っても業績が伸びない時ってありますよね。

そこで、あまり力まずに、周りや自分をよく観察することを試みました。

すると、不安が完全に払拭されてはいませんが、気持ちに余裕が生まれ、よく観察すると、スタッフもパートナーもとても頑張ってくれている状態が見えてきました。

しんどい時や辛い時は、私ひとりじゃないんだなぁって感じてみたり、反対に、物事においても、うまくいくときはスルスルっといくことがあります。

例えば、友人と一緒にgo toキャンペーンを利用して旅行の予約をしたのですが、なかなか混み合っていて予約が取れなかったのでその日の予約を諦めていたら、こんなクーポンがあるから使ってと夜に別の友人から割引クーポンが運良く送られてきたり、、、。

いつもなら、ラッキーで終わっていたのでしょうが、やっぱ上手く行く時は風が後押ししてくれているんだと感じる出来事がありました。

私たちは、自分の感情をないがしろにして力ずくで動かそうとすることが多いのですが、こんな風に悲しい出来事も楽しい出来事もしっかり感情を味わうことで、他者との関わりに感謝できたり、自分の存在価値を感じることができるのではないかと思っています。

こんな時は追い風に立ち向かうのではなく、ゆっくり構えて風を感じ、乗っていこうと思います。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから