2年ほど前から少し調子が悪かったクーラー。アッ、今では暖房も出来るから、クーラーではなくエアコンって言うんだね。時代を感じるなぁ〜笑
それでも、だましだまし使えていたのですが、さすがに今年はあかんかも知れん…と思って故障する前に買い換えることにしました。

故障したらちょっと諦めもつくんだけど、故障してないからなんかもったいないような気がして、名残惜しい感じです。

しかし、キッチンのクーラーともなれば夏の暑さをしのぐ必需品です。
途中で故障してしまってあたふたしてもすぐ届くとは限らないですし、仮に届いたとしても取り付けてもらわないといけないので時間を要します。
そこで、思い切って買い換えることにいたしました。

このクーラーいつから使ってたんやろう…?

そう思ってクーラーについている製造年月日を見て驚きました。なんと!なんと!

2001年製ってあるじゃないですか。

そういえば昔はクーラーなしでも田舎なので過ごせたんですよね。

当時は、子供が小さく、70歳になる祖父母もいたので、涼しい方が食も進むだろうと購入したことを思い出しました。
おかげ様で食が進み過ぎた私がおります。笑笑

あれから20年

さまざまな思い出と共に新しいクーラーへとバトンを渡すことになりました。

まだ動くのに処分するのは少し心がとがめますが、次のは時代と共に進化してきた省エネタイプ。
電気代節約に活躍を期待しています。

今回購入したのは、アイリスオオヤマの18畳用のクーラー。

冬は山間部なのでストーブを使用しています。
とにかく、2ヶ月ほど暑さをしのげたら良いので、こちらにしました。

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから