皆さんは、SNSの投稿を見て、凄い!羨ましい!良いなぁ!と思っても、すんなりと『いいね』が押せる時と、躊躇して押せない時とありませんか?

ここだけの話、こんな感情に時折なる時があるんです。

で、どんな時になるかを色々と考えてみました。

  • 自分の身近な人が、急に凄いと感じた時
  • 自分もやりたかったんだけど、先に超された時
  • 私より少しだけ優位に立っている人が、凄いことをやった時

こんな時は、素直に『いいね』を押すことをためらう場合があるんです。

で、その投稿にスルーしてみたり…後から自分の感情を押し曲げて、いい子ぶって『いいね』をしてみたりしている自分がいるんです。

そこで、そんな感情について色々と考えてみました。それはまるで、自分の手のひらの上に感情を乗せてじっと眺めてみる感じです。

すると、面白いことがわかってきました。

ずっと考えていると次第に、自分のできない腹立たしさがあったり、そのことで、相手に対してイライラしてる感情があるということもわかってきました。

そして、初め感じた時は、相手に対してムッとした感情やどんより感があるんですが、考えを深めていくと、結局相手が悪いんじゃなくて、自分が相手に対して勝手に嫉妬しているんです。

そこをじ〜っと感じてみると、「それって子供みたいだね」って思う自分に対しての気持ちが湧いてきて、そうやって自分の感情に言葉がけしてみると、次は、そんな自分がかわいい〜〜って思うようになってきて、更に、そんなちっちゃな自分がいとおしくなってくるんです。(笑)

よくよく考えてみると、嫉妬してるって言う事は、本当はなりたい自分とか、なりたかった自分なんですね。
でも、今の自分ではまだ到達していなかったり、諦めていたりするから、羨ましいと思っているんですよね。これがあかの他人だったらそこまで思わなかったでしょう。

例えば、スーパーモデルのスタイルを見て素敵だなぁと思う事はあっても、嫉妬する事は無いのです。どちらかと言えば遠い存在なので、そりゃスーパーモデルだからの一言で終わってしまうわけです。

しかし、スーパーモデルではなく、自分の友達や身近な人の羨ましい投稿だったら少し訳が違います。

もちろん、すんごい努力をしていることを自分が知っていたら話は別ですが、SNSなどで急に出てきた投稿に翻弄される自分がいます。

でも、嫉妬を感じるということは、実は心の奥底では、本当はそんな姿になりたいと思っているので、そこはしっかり味わって、どうしたら達成できるのかを考えたり、今まで自分の感情に無視していたけど、「本当は、そういう風になりたいんだ、、、」と思っている自分を認めてあげましょう。

私たちは、SNSではその人の断面的な出来事しかみていません。

だから、そんなふうに嫉妬している自分を手に取って、「何だか子供が相手の持っているおやつを欲しがっているようなもんだなぁ」と思って、その感情になでなでしてあげましょう。

そうすることで、気分も和らぎますし、本当に自分のなりたい姿が見えてくるんじゃないかと思っています。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから