• ブックマーク

先日、事務所の椅子が壊れたのですが、今日は、ちょっとしたことから修理費用が半額になったお話です。

事務所の椅子はエルゴヒューマンというメーカーのもので、新たに1台買うと十万円ほどになります。

10年ほどほぼ毎日使っていたのでそれだけでも元はとった!!って感じなのですが、やはり新しく買うとなると出費も痛いですよね。そこでメーカーに問い合わせてみると、修理金額は、ざっくりですが

  • メッシュ部分の座面シート13,000円
  • 工賃 3,000円
  • キャスター5,000円←かなりすり減っていたので
  • 運賃18,000円(背もたれの部分を取り外してメーカーに発送の場合)

流石に10年使っていると、座面以外にキャスター部分もすり減っていたので、そこを取り替えるとなるとざっと4万円ほどの修理代でした。

修理を見送って、他の代品の椅子を使って数日いろいろ考えてみたのですが、確かに他の椅子では坐り心地が悪いのです。10年間慣れ親しんできた椅子ですし…座り心地は最適です。

今回の見積もりで私たちが引っかかった部分は、メーカーに送る運賃は非常に高いということです。

そこで、メッシュ部分の座面だけを取り寄せて、自分たちで交換できないか?と言うことを考えました。

というのも、最近、組み立て家具を買ってDIYを楽しんでるので、もしかしたら自分たちでできるんじゃないの?と思い始めてきました。

理由は、

椅子はいくつかのパーツから成り立っていて、それを留めているのは全てネジであること。

もう一つは、メッシュ部分の座面は13,000円と高い割には、工賃が3000円と意外に安かったので、それほど特殊な修理では無いんじゃない?と思い始めてきました。

本来、職人さんの手を煩わすような商品でしたら工賃が3000円ではなかなか割に合いませんし、メッシュの生地を張り替えるとしたら、生地自体に13,000円は高すぎるような…。また、このメッシュ部分は、既にシートが張ってあるフレームのようなものではないかと予想したのです。

椅子の座面の部分を電動ドライバーで取り外し、その後、修理サポートセンターに連絡し「座面の部分を取り外しましたので、それを修理してもらえませんか?」と相談しました。

予想通り、座面の部分自体が部品なのでこれだけをメーカーから送ってもらって、自分で取り替えてもらってもOKということです。外すことができたのですから、もう一度ネジを打ったらいいわけですよね。

こちらが外した座面の部分です。

座面シートはこんな感じです。メッシュの部分が一気に破れてしまいました。

と言うことで、結局は、座面シートとキャスター部品を送ってもらうことになりました。送料が2200円ほどかかりますが、工賃や往復の送料がいらないので早速注文しました。

このように、何か問題が起こったとき、椅子のように問題を切り分けてみると解決の糸口が見つかるのではないかと思っています。

結局、私たちのハードルが高かったのは、修理ではなく、椅子本体の送料が非常に高いと言うことがひとつのハードルだったようです。

送料と座面部分、キャスター合わせて2万円でしたが、修理すれば更に10年ほどは十分使えますし、いずれ修理しようと思っていましたから本当に嬉しいです。そして、電動ドライバーの工具を持っていたことが、キーポイントだったと思います。

メーカーから送られてくるのが楽しみです!!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから