• ブックマーク

色がありすぎると、迷いが生じ、雑音に聞こえるようになってきたのはここ最近でしょうか?

自粛生活で、ほとんど自宅にで過ごす日が多くなると自然な色、例えば色とりどりの花以外は、色があることでとても心がざわつくんです。

五感で感じる

人は、いろいろなイメージを膨らます時、五感を使って考えていることが多いようです。

例えば、美味しいと感じる時、

嗅覚を使って匂いで感じる。

見た目が美しいとおいしいと感じる。

場の雰囲気で美味しいと感じる。

食感でおいしいと感じる。

味でおいしいと感じる。

このように単に食べることにおいても、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感を使って、私たちは美味しいを感じています。

そして、その一つでも欠けてしまうと美味しさが半減するようですね。

自分の家ならコントロールできる

最近つくづく思うのは、周りには沢山の色が複雑に重なり合っています。

電車の中の広告、混み合った車内での空気、車の騒音、雑音が時にうるさくても慣れっこになっているとそんなに感じませんが、じーっと家にいたことで妙に色に対して反応するようになりました。

多分、田舎なので、外は澄み切った空気と虫や鳥の鳴き声しか聞こえていませんから(笑)

そこで、自分の家ならコントロール出来るんじゃないか?と考え始めました。

シンプルな部屋を目指す

すると、テッシュペーパーの箱柄や歯磨き粉・洗剤の広告の入ったボトルの色がどうも自分の中でスッキリしていないことに気がついたのです。

スッキリとした部屋はとても心地がいいのですが、これは、部屋に必要なものしかなく、色も最小限に抑えられてあるんです。そう、まるでホテルのような感じです。

そして、そこに一輪の花が美しく見えるのは、シンプルだからこそ、花の差し色が美しいんです。

このように、シンプルだと思考が散漫にならないんですよね。

気になった所から着手

なので、私もできるだけ家の中は白・黒・ベージュ系で統一しようと思っています。

ほんの少しずつですけどね。なかなかいっきに替えられません。(笑)

だって、オタマ1つ替えるだけでも、放すことに勇気が要りますもんね。

そこで、今回はトイレの掃除用品定番のトイレクイックルを無印のウェットティッシュ用ケースに変えてみました。

意外と、トイレに籠っている時って、座りながら何かしら考えていますもんね。

そして一番目につくのがこのトイレクイックルのパッケージだったんですが、これに変えたことで視界がスッキリしました。

なんかスッキリ!!です。
次は、寝具に注目してみようかと思っています。
では、また!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから