• ブックマーク

キッチンの一番上にある備え付けの引き出しには、いつも使うしゃもじやお玉、フライ返し、スプーンなどを収納していました。

しかし、気がつくと引き出しはぐちゃぐちゃになっていて、結構取り出しにくくなっていることもしばしば。

0.2%の改善を目指すには、こういった良く使用する引き出しには、頻度が高く厳選された物でないとほんとダメですよね。

もちろん、かなり最低限にしたつもりだったのですが、それでも、使いずらさがあったのです。

そこで、無印のプロポリピレン整理ボックスを利用して収納してみました。

備え付けの引き出しから別売りの整理ボックスに変えた理由

キッチンの引き出しの上段には、必ずと言っていいほど備え付けの箸やスプーン入れのような仕切りがありますよね。

この仕切りを、ずっと使っていたのですが、

  • 徐々に中敷が、フォークの先などの摩擦で痛んできて汚くなってきたことと
  • 1個ずつが分離されていないので、整理するときや洗う時に全部出さないと洗えないこと
  • 仕切りに自由度がないこと

などを踏まえて、ちょうど無印良品店でプロピレン整理ケースがあったので変えてみました。

こちらが、元々備え付けであった引き出しのケースです。

キズがつきやすいので、あらかじめペーパーナプキンを下に引いて汚れたらそれ毎替えるようにしていました。

こちらが、新しくした無印のプロピレン整理ケースです。

これなら、組み合わせが自由に選べますよね。

これでスッキリ収納できましたし、部分的に汚れてもそのケースだけ取り換えて洗うことができ安心です。

また、定番商品のようなので買い足しにも便利です。

自粛生活と外出のメリハリをつけると楽しい

今回は、コロナ期間に伴いネットでの注文が殺到したのか、売り切れになっていましたが、6月から店頭が時間規制の中でオープンしていましたので思い切って買いに行きました。

私にとって目的のある外出は、気分転換になって良いようです。

自粛期間中の良い所はこのまま残して、かつ、折角、外出できるようになったので、状況を示唆しながら買い物も楽しみたいと思います。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから