実家に子供たちが毎週のように帰省すると、自分の生活のリズムが狂い、イライラしている自分がいました。
そこで、先週ぐらいから、家族と自分の境界線を引くために、私専用の事務や勉強部屋を作ったのですが、今回は、食器を分けてみました。

さて、その結果は??

自粛生活で、毎日が子供の食事作りに追われています

最近は、子供たちが休みになると実家に帰ってきているので、料理をする時間がかなり増えています。

特に料理をする際に問題なのは食器類です。

家族2〜3人ぐらいならお皿の枚数が足りるのですが、急に2〜3人増えるとお皿がちぐはぐになり、すっきりとした食卓になりません。

また、その都度、いろいろな食器を食器棚の奥からから取り出してくると、コップ類や食器がどんどん食器棚に増えてきて、子供達が帰った後、ごちゃごちゃになって、気分的にも少しイラっとしていました。

そこで、毎週毎週繰り返される、人数の増減に対応できるように工夫してみました。

家族2〜3人用と5〜6人用で、食器棚を分ける

以前は、コップ類や茶碗類、お皿などが一定数、同じ場所にあったのですが、これだと取り出しにくいので、家族に2〜3人用の頻度の多い食器を引き出しにしまいました。小皿や中皿、スープボール、コップなどを人数分です。

ここは、家族専用の引き出し式食器棚です。

以前なら、子供が帰省した時も同じ食器を使用していたのですが、人が増えた場合は、そこを使わずに5〜6人用の食器を入れてある所を使うというルールです。

こうやって、帰省してきた家族をお客様という扱いにする事で、その時だけは、5人用の食器棚のスペースを使用し、子供達が帰れば、5人用の食器棚にきちんと仕舞い、元の生活に戻る。という感じです。

いつもの生活と境界線を引く

いつも使っている食器は引き出しの中に。

家族が5人ぐらいに増えた場合は、そこを使わずに食器棚を使うというように区別することで、食器がごちゃつかず、色・デザインが揃えられるので気にいっています。

こちらが、IKEAで購入したシンプルな白の食器です。

単価も1枚100円前後で、大勢のお客様が来られる時にのみ使用していましたが、家族が来る時もこちらを使用した方が、洗いやすくて、乾きやすいので便利です。

まとめ

既に独立した子供を家族として扱うのではなく、お客さんとしてもてなすという考え方にすることで、自分との境界線をひきました。

その指標となるのが食器なんですね。

こうすることで、いつもの生活ではないという意識が自分の中に生まれて、忙しくても当たり前だし、大変なのも当たり前という認識になり、自分の気持ちをコントロールすることができるようになりました。

食器を区別するという発想は、用途別のカバンのように、出かける先によって変えるという方法に似ていますよね。

こういったシュチュエーションによって食器棚を使い分けるという方法で、自分の意識が変わり、変化に対応できるようになってきました。

急に人数が増えた場合の食事対応に、こういったアイデアも取り入れてみてくださいね。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから