• ブックマーク

皆さんは、なんとなく参加した食事会、楽しかったのですがちょっぴり後悔したことありませんか?

特に久しぶりの友人で誘われたら断る理由もないので、つい行ってしまって・・・。

以前の私ならそこそこ楽しかったのでまぁいいかとサラッと流していたのですが、コーチングを受けるようになってから取捨選択しながら行動できるようになってきたのです。

そこで起きたこの出来事は、自分にとって何がストレスで何がダメだったのかを知る良いきっかけになったようです。

では、どんな出来事だったのかを話してみたいと思います。

友人と食事をしてちょっと後悔したこと

最近では、絶対行きたいと思って参加するものだけを選択していくようになりました。

というのも、健康のために11時までには就寝しようと考えていますし、外食が続くと食いしん坊の私にとって体重増加防止のために食事量を抑えるのはとても難しいからです。

また、余計な外出は費用・時間も無駄にしてしまうことが多いようですね。

しかし、お世話になった方から久しぶりに食事をしない?との連絡があれば断ることができませんでした。

またね、、、という感じではなくて、いつしますか?という感じだったからです。

一年以上ご無沙汰していたので、まぁランチ会ならいいか・・・という軽い感じで参加しました。

ランチ会当日、小さなフレンチレストラン。
私は、車が混んでいたので5分ほど遅れての参加でした。

大体のレストランの場所と値段はネットで調べて把握していましたが、

フレンチのコース料理は2,500円と3,500円のコースのうち、皆さんは3,500円のコースを既に注文されていました。

私は、2,500円のコースでも良かったのですがフレンチで質の差ではなく、内容の差だとせっかく皆さんと味わう雰囲気を大切にしたいので3,500円にしました。

そうすると、店員さんが魚の他に伊勢海老とアワビ、お肉でしたらヒレ肉がありますがどれにしますか?とのこと。

私の頭は「???」になりました。

確かにそういった文字はあったのですが、伊勢海老とかアワビにはコース料金プラスで2,000円ほど加算されていたのです。

私は、3,500円のコースにするつもりだったのですが、これだと5,500円コースですよね。

そこで、キッパリと3,500円コースだと何があるんですか?と聞けば良かったのですが、皆さんアワビやヒレ肉を注文していたので、こちらもまぁいいや・・・って感じになって注文したのです。

ここまではよくあることですね。

まぁ、2時間ほどの楽しいおしゃべりも終わり、解散となりました。

楽しいという質が変わっていた

確かに楽しかったのですが、本来自分のやりたかったことに時間を使えずなんとなくイライラしている自分に気がつきました。

そうなんです。自分で予定を入れたにせよ、その後の時間がかなりタイトになってしまったことと、楽しいという定義が自分の求めていた楽しいと少し違っていたのです。

多分、数年前までの楽しいの質が変わっていたんだと思います。

ほら食事で例えるなら、今まではカルビが好きだったんだけど、なんとなく今はヒレ肉が好きみたいな感じですよ。どちらもおいしいんですけどね。

自分の意見を言う

もう一つの反省点は、

私は、ちゃんと人に流されないで自分の意見を言えたか?という部分です。

確かに、フレンチだったのですが、時間帯もお昼時でしたし、小さな民家でのランチでしたから、そんな高くないと思っていたのです。

また、アワビも伊勢海老も好きですが、特に食べたい!と思っていなかったのに、それしか選択権がなかったことも不満の一つになりました。

こちらも、その時に店員さんに聞けば良かったのですが、なんとなく流れで注文してしまったのです。

実は、食事会が終わった後、参加していた友人から電話がありまして、どうも金額が予定していたものより高かったんだけど、何故なの??って、連絡が入りました。

おやおや、、、。

きっとその友人も、流れで注文したのはいいけれど、常連さんの友達ということで、メニューについてはサッと割愛されたのでしょう。

反省点

この様に人に流されてしまって自分の意に反した行動をとってしまうと、後がかなり精神的にも響くなぁということが、わかってきました。

昔の私なら、なんとなく気にしない〜〜的なノリでやっていたことと思います。

確かにこれじゃぁ、時間管理という点でも難しいですよね。

しかし、自分の感情に目を向け、何に対してイライラしていたのかを言語化することで、更に自分のことが理解できるようになってきました。

そして、自分の意見をちゃんと言えなかった自分にイライラしていると気が付き、ただズケズケ言うのではなく疑問に思ったことはその場でちゃんと質問すれば良かったと反省しています。

この様に、私たちはちょっとしたことでストレスを感じているのですが、このちょっとしたことを少し深掘りすることで、自分は何が居心地がよく何が悪いのかの軸が見えてくる様です。

すると、次回からこの反省点をもとに人付き合いも少しストレスを感じなくできるかなぁと思っています。

ある意味チャンスですね!!では、また。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから