ガン、脳卒中、高血圧、糖尿病は、疲れが原因で引き起こされる可能性がある病気です。

また、アレルギー系や消化器系なども蓄積した疲れが引金となる場合もありますから、たまった疲れを解消するためにも質の良い睡眠が必要になります。

私も、年齢と共に長時間の睡眠ができなくなってきましたし、回復機能が衰えてきているとしみじみ感じています。

実は、スマートウオッチで睡眠ログを取るようになってから、毎日の睡眠の質が良いかどうかが%で出るようになっています。

すると、どうしたら睡眠の質が高められるのかがゲーム感覚で楽しめるようになったきました。

睡眠の質を高めるために、取り組んでいる7つのこと

そこで、睡眠の質を高めるために、最近私が取り組んでいる7つのことを紹介したいと思います。

  • 朝方は、タイマーにて暖房を入れる
  • 必ず湯船に浸かり、湯冷めをしないよう早めに布団に入る
  • 花粉症の際には、我慢せず薬を飲んで寝る
  • 深夜の帰宅は出来るだけ避ける
  • パジャマ以外に、下着類にもこだわる。
  • カフェイン類は夕方以降飲まないようにする
  • 睡眠ログをとってPDCAを回す

以前ブログで書いたように、朝方からタイマーにて暖房を入れることでずいぶん起きるのが楽になりました。

外出していて夜遅く寝た日は睡眠の質が非常に悪く、また花粉症の日も同じく朝起きるとぐっすり寝れていない感じがあります。

また、身体が温まっていないと眠りにつくのも遅く、深夜に身体が冷えて起きたりすることもあります。

なので、入浴して体が暖まった状態で布団に入るようにし、その際の下着も工夫してみました。

ヒートテック類の下着を活用

年齢とともに、ちょっと無理をするとかちょっと頑張ると言うのは、後で身体にこたえるようになってきました。

最近では、ヒートテックタイプの衣類やダウンでもベストタイプの薄手のダウン(ユニクロウルトラライトダウンコンパクトベスト)がありますから、そういったものをフル活用して、パジャマの上から着て寝たり、腰が冷えないように、腹巻タイプのパンツ(ユニクロヒートテックウエストウォームショートパンツ)を履くようにしました。

昔の私なら、そんなオバン臭い!と笑っていたことでしょう。

しかし、私の住んでいる地域では、早朝が0度前後とかなり冷え込んでいます。
北海道ほど寒くは無いので、四六時中暖房をつけることは無いのですが、中途半端な寒さで夜中に起きることもしばしばありました。

最近では、ヒートテックタイプの衣類やダウンでも薄手のダウンがありますから、そういったものをフル活用して、睡眠の質を上げていきたいと思います。

たまった疲れを解消するためにも質の良い睡眠が必要になりますし、年齢と共に回復機能が衰えてきていますからね。

疲れを溜めないように、1日の疲れはその日に癒すようこころがけたいものです。

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします