コーチングを学び始めるようになって2年生になりました。
よちよち歩きの私ですが、もっと上手に歩きたいと思っている今日この頃です。

コーチングをしていると、いろいろな気づきとフィードバックがあり、時折めちゃめちゃ凹みます。
なぜならできてない私がいるからです。
だから、余計に上手くなりたいと願うんですが、、、。

しかし、コーチに今日言われました。

凹むと言う事は、自分がここまでできるはずだ!と言う自信があるから、逆にできない時の自分に対して落ち込むんですよ。

「もともとできない自分だと思っていれば凹むこともないよ。」と言われました。

「よちよち歩きのあなたが、走ることなんて無理です。よちよち歩きからちゃんと歩けるようになってから走るんですよ。走れないと言って落ち込んでいるいる暇があったら、走る練習でもしなさい!」
と叱咤激励されました。

そりゃそうだわ!と思わず納得です。

ブログを書き始めている時もそうだった、
ブログのコーチから
うまく話が書けないとか、アクセスが伸びないとか、、、悩んで愚痴ってたら、とりあえずしのごの言わずにまずは100記事書いてくださいと言われ毎日一生懸命書いていた記憶があります。

まぁ100記事書いてもなんの変化も訪れなかったけど、そしたら、次は200記事って課題出されたけど、、、そういえば、200記事を過ぎた頃からアクセスのこととかあまり気にしなくなって気がついたらここまで来ちゃった!!って感じですね。

今じゃぁ、自然体で書ける。笑

新しいことを始めると言う事は、当然何もできないよちよち歩きの1年生です。
2年生に進級したとて、急に走れるようになるわけではありません。

ついつい年齢とともに焦り、憤り。
おまけに、自分はできる!できているんだ!と言う変なプライドが邪魔をして、目的地までなかなか到達できない。

そんな自分を見たような気がします。

プールサイドで、日傘さして泳いでる人を横目で見ないで、プールに飛び込んで泳いでみたら?と言う言葉を自分自身に何度も言い聞かせています。

 

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから