セミナーや講座に行ってたくさんのことを吸収したけれども、ちっとも身についてないなぁと感じることありませんか?

実は、満足度の高い講座程、受けるとルンルン♪で帰ってくるんですよねー。
で、次の日からやろう!と思っても上手く取り組めないし、出来ない自分に落ち込んじゃって、あー、明日から、、、。

そのうち、忘れていつもの生活に舞い戻り。

私にありがちなパターンですね。ふぅ。

しかし、よくよく考えてみるとこれって当たり前かもしれない。なんだか言い訳がましく言うけれど…。

ファッションショーの洋服は直ぐに着れますか?

例えば、有名ブランドのファッションショー。

前から見てると素敵な服が私の横を通り過ぎる。何度も、何度も。

あまりにも素敵過ぎて、袖を通してみたくなるのですが、実際着てみると、モデルと私の体型は全く正反対。

モデルさんの体身長は170㎝以上、私は160㎝で、ずんぐりむっくりだ。

さっそうと歩いているモデルの姿に自分を投影してみても、実際衣装を着たらドレスの裾は引きずるし、胸のボタンは、張ち切れ裂けそうです。

いやはや、、、素敵な衣装も、私は着ることさえ出来ないわけでして、、、。

カスタマイズの重要性

それって、よくよく考えてみると、なりたい自分になるためにセミナーや講座を受けて、たくさんのことを吸収した感で満足して帰っても、数日経てば元の木阿弥って感じとよく似ていますよね。

有名ブランドのファッションショーに例えると、各モデル体型に合わせたオーダーメイドの洋服を着ているわけで、それを私が直ぐに着ようと思っても着れないのと同じです。

そして、オートクチュールと言われる洋服は、顧客が気に入った洋服をピックアップすると、後日ショップの店員さんがご自宅にお伺いして、プライベートでサイズを測りカスタマイズしていくのです。

このように、いいなぁと思った事を取り入れるのは大事ですが、取り入れてもそれが実行可能かどうかをどんどんカスタマイズしていかないといけないのです。

健康のために私はマラソンをしています!と言われても、健康=マラソンではないので、健康のために何かの運動を置き換えなければならないんです。

それが人によってはマラソンかもしれないし、テニスかもしれないのです。

なので、良いと思った事は取り入れる事はとても大事ですが、無理のない形でカスタマイズすることが中長期的に見ていいですよね。

家にやってきた大きなクマさんも、キュロットパンツを履きたいがために頑張っているのですが、なかなか履けません。途中まで履いたのですが、キュロットパンツからジーンズになりました。笑

Amazonでも購入することが出来ます。

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします