私の住んでいる町も、稲刈りがほぼ終わり、冬に向けて田んぼは休眠の季節になってきました。

玄米ご飯を食べ始めるようになってから、たまたま市販のお米を試す機会が幾度かありましたが、自宅でとれた玄米を食べるのが、安全で1番おいしいと言う結論に至ったのです。

その理由としては、

玄米は精米しないので、お米の味がダイレクトに出る

と言うことなんです。

例えば、バナナを思い浮かべてください。
皆さんは、古くて、傷の入ったバナナを皮ごとバナナを食べれますか?

例えば、古いお米は精米すると古くなったバナナの皮を剥がしますから、バナナ自体は美味しいですよね。

しかしバナナの皮ごと食べるとなれば話は違います。
きっとバナナの皮ごと食べるのだったら、きれいなバナナを選ぶに違いありません。

これと同じく玄米は、見たら直ぐにこのお米が綺麗かどうかがすぐにわかりますし、イノシシやシカのような獣で荒らされた田んぼのお米は、玄米ににおいがついていることがしばしばあります。

私たちはお米について身近に感じる田舎暮らしをしているので、その辺が敏感に感じ取れるのかも知れませんね。

そして今、新しい新米が出来上がりました。

もしかしたら、都会に住んでいる人たちは、今が新米の季節だと感じていない人も多いかもしれません。

新米の白米は、粘りがあり艶もあります。
玄米にいたっても、水分、艶共に申し分ありません。

もし、機会があれば道の駅などの産直コーナーに立ち寄って、美味しい新米を買ってみてはいかがでしょうか。

秋の味覚は、松茸や栗以外でも充分に味わえます!!

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします