先日、ご近所の方からたくさんのかぼちゃをいただきました。

実は、国産のかぼちゃは、今が旬なんです!

かぼちゃに旬なんてあるんだろうか?て思うほどスーパーには必ず陳列棚に並んでいますよね。

私もお嫁に来るまでは、かぼちゃはスーパーにいつも並んでいたので、旬というイメージが湧きませんでした。

しかし、表示を見て頂くと判かるのですが、初夏までは、ほとんどのかぼちゃがニュージーランドなどの海外からやってきたものですが、8月に入ってからは、たくさんの国産のかぼちゃが産直コーナーやスーパーで出回ります。

特に産直コーナーでは、丸一個が大変安くて、おいしいので是非購入してみてください。
とは言え、なかなか丸1個は消費しにくいものですね。

私も調理家電ホットクックを買うまでは、かぼちゃを1つ買うと有り余って処分に大変でした。

しかし、今では、簡単にかぼちゃの煮物が作れるのでお勧めです。

調味料は、塩のみ

  • かぼちゃ 1/2個
  • 塩小さじ1
  • 水80cc(旬のかぼちゃは、水分が豊富です)

ホットクックの煮物モードで20分
ほりこんだら終わり!です。

出来立てほくほくの煮物はとても美味しく、あっという間になくなってしまいます。

お弁当にもいいですよね。

我が家では、一個購入すれば、半分はかぼちゃの煮物にして、残り半分はかぼちゃのスープを作ろうと思っています。

もちろん、夏ですので、ナスやししとう、オクラ、レンコンなどと一緒に、夏野菜の天ぷらもおいしいですよね。

アバウトクッキングの本質はシンプルで美味しいを目指す

ホットクックを買ってから、煮物料理やスープがお手軽にできるようになり、野菜を頂いても、すぐに消費するようになりました。

特に塩だけで作るかぼちゃの煮物は、砂糖、醤油、みりんなどの調味料は一体なんだったんだろうか?といつも思うくらいです。

料亭の味のように、なんともいえない上品な甘みと水分量です。

調理家電ホットクックをお持ちでない方も、炊飯器の保温で2時間で出来るようなのでお持ちの方は、是非お試しくださいね。
ちなみに、こちらが調理家電ホットクックを使って作ったカボチャのポタージュです。

そして、持ってなかった頃は、鍋でこれだけの調味料を使用していました。
ホント、えらい違いです。笑

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします