皆さんは、手製の豆腐を作られたことありますか?

お邪魔したお宅の食事で、さらっと手作りのお豆腐が出てきたらびっくりしませんか?

ここのお母さんは凄い〜〜とか、
お料理が上手〜と、思われるのではないでしょうか?

カレーを自慢してもあまり効果が無いかもしれませんが、手作りのお豆腐は、おいしいから毎日作ってるのと言われれば、へーっと感心してしまいます。

なんだか、出来るお母さんになったみたいですね。

しかしホットクックを作る使うと、簡単に手作り豆腐ができてしまいます。

本当はそれ言いたくないんだけれど、ここだけの話です。

手作り豆腐の作り方〜ホットクック編

豆乳で作るお豆腐には成分無調整・大豆固形分10%以上の豆乳が必要です。

先日は、大豆固形分9%だったので固まりませんでした。←大失敗!

豆乳によっては、「豆腐が作れます」と記載されているものもありますので、そちらを購入お願いします。

〈作り方〉

  • 豆乳600ml
  • にがり35ml

を、ホットクックに入れて発酵モードで50分で4人分のお豆腐が完成です

50分間、混ぜながら75度の低温調理でゆっくり固めていくようです。

料亭の味

いつものお豆腐とは、全く別物で、コッテリと濃厚なダイスの風味が味わえます。

なんだか、高級旅館の朝食に出てきそうなお豆腐です。

そして、これも重たかった!
美味しい物は、重いと言うセオリーは、正しい?!笑

いかがですか?たった50分待っただけで料亭のような味ができるできちゃうんです。

平素はスーパーで買ってきたお豆腐もいいかもしれませんが、お客さんが来られた時やお酒のアテなど、何かと一緒にお出しすると、ちょっとできるお母さんになりますよね。

是非、お試しください〜

とはいえ、通称出来るお母さんもこんな失敗はしょっちゅうです!

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします