IMG_4550

え!!カボチャにとれたて!ってあるんですか?

と疑問に思われるかもしれません。実は、春に畑で種をまいたり、苗を植えたりしたカボチャがそろそろこの時期になるとスーパーなどで出回ってきています。

いやいや、年から年中カボチャはあるやん!と思われるかもしれませんが、11月頃から5月にかけてスーパーに出回っているのは、ニュジーランドなどの輸入品になります。

ですから、この時期からがカボチャのシーズンです。

とはいえ、スーパーで目にするのは一個のカボチャというより1/4にカットされてラップに巻かれたカボチャで、カボチャの原型すら知らない子供もいるとか……

なにせ、最近では少子化と核家族化の影響で、スーパーで丸ごと魚や野菜が販売される機会が少なくなり、カット野菜が人気になってきています。

特にカボチャの様な大きなものを、煮物にしてもそれだけでお腹も胸もいっぱいになって家族からは「またか〜〜……」のため息。

せっかく作っても、これでは作る喜びも、食べる喜びもなくなってしまいます。

実は、スーパーでは、カボチャはほとんどカット野菜として売られていますが、道の駅や産直コーナーでは大きなカボチャが販売されています。

私たち消費者からすれば、なかなか大きなカボチャ1個を買うのがおっくうでついついカット野菜を買ってしまいますが、この様に生産者が直接販売しているところではカットして野菜を売ることは、基本的には加工品扱いとなり、また販売中に鮮度が落ちることから、なかなか切り売りができないのが現状です。

するとどうでしょう、本当は1/4のカボチャが250円とするならば、1/2は500円、一個は1,000円という値段で売りたい気持ちですが、実際のところ、売れにくくなるのでこの様な値段設定ができないのです。

よって、切り売り価格の半額ぐらいに相当する単価でカボチャが販売されてるおり、安くて新鮮、そしてうまい!カボチャが手に入れることができます。

ひや〜〜!

そろそろ採れたてのカボチャが出回ってきています。

是非、スーパーや産直コーナーをのぞいてみて下さいね。

あ、それから、カボチャって硬くて切るのが面倒だと思っていますよねー。

私も以前はそう思っていました。

しかし、採れたての旬の野菜は、カボチャのような皮も身も厚くて硬い野菜でさえも切りやすく、みずみずしいのです。

一度お試しくださいね(-_^)

明日は、我が家のカボチャ一個丸ごと活用法について、書いてみたいと思います。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから