しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

意志力を高めて、自分の夢に近ずく方法

IMG_1934

自己コントロール力を身につけるワーク

さてさて、今日も瞑想いってみよう〜〜〜!

ち〜ん

…5分経過…

今日も私はお疲れのようだ。

え、…午前中だというのに、もう眠たい…

要するに、瞑想することで、身体全身をリラックスする効果があるので、ついつい眠気が起きてしまう。そう、このまま、ごろーんとしたい気分にかられる。

暑い夏は、特にそうだ!

掃除しようにも、動けば汗をかく、おまけに、クーラーが入っていればいいが、掃除に夢中になるとついつい窓を開けて換気もしたくなる。
そして、その行動過去の経験からを学習している私たちは、掃除をすれば、気持ちいいという感情より、汗をかいてしんどい、できれば見て見ぬふりをしてやり過ごしたい!という心境にかられる。

で、後者が勝つ!

こんな生活を、ず〜っとつずけていたら、部屋がかたずくどころか、堕落の一方である。

そこで、必要になってくるのが、自己コントロール力である。

そう、これを高めるために、瞑想をしていたのではないだろうか…。

集中力という筋肉を鍛えることで、やりたい事を続ける筋肉を作り、体力ができれば自己コントロール力も自由に操れる訳だ。

意志力のメカニズムを探る

脳の前頭前皮質は、灰白質からなる1つの魂ではなく、主に3つの領域、「やる力」「やらない力」「望む力」で意志力はつかさどられています。

そう、脳は一つでも、「自分」は2人いるのです。

FullSizeRender 67「スタンフォードの自分を変える教室」より

例えば、掃除しよう!と心に決めた時、

部屋が散らかっているから綺麗にしたいよね〜!と脳が言います。

そうすると、もう一つの脳が、

やるのはいいけど、暑いから疲れるよ〜。おまけに汗もかくし…ゆっくり、身体を休めたら〜?と優しくつぶやきます。

どちらの考えも悪くはありません

だって、考え方が異なるだけなんですもの!

私たちは、この悪魔のささやきが一見悪いことのように考えがちですが、見方によれば、私の身体をいつも気遣ってるくれる優しい〜お方なのです。

ここで最も大事なのは何か!ということに、焦点を当てることが大切なのです。

そう、最後の望む力です。

この場合、部屋が綺麗になって、清々しい気持ちで生活したいともし望んでいるならば、掃除することを選択をせざるおえません。

そう、もう一方の脳に我慢させないといけないのです。もしくは、代替えの条件を突き付けるのです。

では、掃除をしない選択をとった脳に、ブラックガネーシャと名ずけてみました。

自分をコントロールするには、自己を知る

ブラックガネーシャにこういうのです。
「いまね、お部屋を綺麗したいと思っているの…。私の身体を気遣ってるくれてありがとう〜。綺麗になったら、このソファーの上で、ゆっくりできるのでもう少し待っててね。
そうそう、シャワーを浴びれるようにお風呂も綺麗にしておきましょう〜」と…

この時、この気持ちも大切に扱わないと、後でブラックガネーシャの反撃が恐ろしい訳です。
ダイエットで、リバウンドというのがこのブラックガネーシャの反撃です。

自分の脳には2つの心があることを決して忘れてはいけないのです

そして、いずれも否定するのではなく、上手く選択していくほうが、自分にとって心地よい空間が生まれることがわかります。

今日も、ギラギラお天道様。

クーラーから離れたくない私がいますが、勇気を持って掃除と仕事に勤しみたいと思います。

追伸

瞑想しながら気がついた事。

どうも、お腹周りが、たぽ付いている。

これは夢であって欲しい…と望むばかりである。

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top