しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

ガネーシャからの課題〜靴をみがくとは、支えてくれているモノに目を向けること

img_2592
最近は小商いビジネスが忙しくのか、なかなか私にかまってくれないのです。
今日も、こっそり押し入れを開けたら「只今、出張中」の看板が立てかけてあるのです。何しているんやろ、、、?とちょっぴり寂しくなってきました。

読者の皆さんも、きっと最近ガネーシャが登場してきへんなぁ〜と思ってらっしゃるでしょう。

そこで、おもむろにガネーシャの携帯に電話をしてみました。
「トゥルルル、、、トゥルルル、、、ピーーーーーーー。」
あら?あ、あらら、、、。何だか、電話の届かないところにいる様子です。

諦めてふすまを閉めようとした瞬間、布団に挟まっていた本が落ちて私の足に当たったのです。
も〜〜〜〜!痛いなぁ〜。なんやねんこれ?
そう思いながら、本を見ると「夢をかなえるゾウ」って書いてある。
そういえば、ガネーシャ出版記念やら、サイン会やらで忙しいって言っていたなぁ〜。と懐かしく思い、本を開けて見ました。

本は読むだけでなく、自分流にアレンジせよ

そうするとどうでしょう。ガネーシャからの課題が書き出されていたのです。
そして、そこには私に当てたメッセージが、チラシの裏紙に乱雑に書かれていました。

「そろそろ、ワシのこと恋しくなってきたやろうと思って、この本渡しておくわ。
ここに書いてある課題は、ほんの一例やけど、どれとってもえ〜こと書かれているから初心に帰って実行するように。
それから、単に実行しただけではあかん。それは、言われたことをただやってる三流芸人と一緒や。
ええか、これをどうアレンジさせるかは自分次第。
まっ、精出してするように。」

ガネーシャからの課題

私は、メモを見ながら、初めの課題に目をやった。

靴をみが

靴を磨くかぁ、、、、。結構簡単なことちゃうの?!

そこで、掃除のついでに靴を磨いてみた。

あんまり代わり映えしない課題やけど、、、まっ、やったということで、終了ーーーー!
と、意気揚々に切り上げた。

やる意味を考える

しかし、ガネーシャこんな簡単な課題、なんで取り組ませようとするんやろ?
そんなことを考えながら数日が経ったある日。

人生には、ハレの日とケの日がある。ハレの日を最大限に楽しむためにケの日があるように、練習の7割は、自分の技術を磨くために一人で練習するしかないのです。
ここが、一番重要で、自分の成長点となるので、コツコツ7割はやることになるわけで、、、、。

そんなことをブログを書きながら考えていると、先日磨いた靴のことをふと思い出しました。

ガネーシャが言っていた靴磨きって、このコツコツ7割りに目を向けろってことやないやろうか?
要するに、毎日のルーティーンワークがメッチャ重要で、この7割をしっかりできていたら、残りの3割、即ち、教えを乞う時の吸収がスムーズになるんと違うやろうか?

で、この7割りをしっかりせい!っていうメッセージなんかなぁ〜。
そんなことを考えながら、今日も靴を磨いてみた。

ガネーシャの教え「靴をみがく」

「ええか?自分が会社行く時も、営業で外回りする時も、自分がカラオケに行ってバカ騒ぎしている時も、靴はずっと気張って支えてくれとんのや。そういう自分支えてるもん大事にできひんやつが成功するか、アホ!」

そんなガネーシャの声が、耳元で聞こえたような気がした。
ア、ア、、、そら耳やったんやろうか?
窓をみると、夕方だとゆうのに、もう真っ暗なそんな冬至の季節。

早く帰ってこないかなぁ〜ガネーシャ。

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top