FullSizeRender 49

一週間、家の事や、仕事をほってカナダにガネーシャと一緒に行く事になりました。

本当は連れて行きたくなかったのですが、ガネーシャがここで連れて行かへんかったら読者の皆さんが怒るで〜と釘を刺しにきよりましたので、敢え無く断念。
旅費は無いで!とこっちも釘を刺したら、ワシ、神様やから飛行機の手配とパスポートはフリーやねんと言っていたな〜。

昨夜はなんだカナダ(ナンダカンダの意、すっかりウキウキ気分)と夜11時まで用事をしていたため、準備は残りの1時間でやり終えたら、
現地情報が入り、カナダ、カルガリーの気温は最高23度、最低3度と聞き慌てて、冬支度も始める。

最後は、パスポートとお金さえ持っていればなんとかなる!

と財布を見たら、きゃ〜寂しい〜財布だった。

そこで、心屋さんのお金は空気みたいなもの、吸って〜、はいて〜、と念じてみた。

そしたら、欲が出て、何度も呼吸困難に…

そう、ず〜っと吸ってしまっていた。多分潜在意識がお金と聞けば反応したんだろう。

ま〜仕方が無い、こんな性分なんだからと諦めました。

とにかく、ブラックカード(カードにブラックと書いてみた、何せブラックカードは飛行機でも買えるらしい…)を頼りにする事にする。

で、ガネーシャと言えば横で高いびきをかいて、すでに熟睡状態。

ふと、足を見るとガネーシャの足とスーツケースがチェーンでつながっている。

こいつ、マジやね…と思いながら眠りについた。

多少の睡眠不足はお肌のために良くないが、フライト時間は10時間。ゆっくり、いや、死ぬほど機内では寝れそう…そんな思いで寝床に入りました。

これから、どんな旅が始まるんだろうか…。
成田で、大勢の人の到着、出発をみているとたくさんのワクワクを感じる。

もう夏休みになり子供連れの家族も見うけられる。

季節や、月があるというものはいいもんだ。と、ふと思った。

そりゃ〜、あるのが当たりまえですが、そんな区切りがあるからこそ人は頑張れるのかもしれない…

そんな思いを胸に、いや、ガネーシャを背中に背負ってカナダに行ってきま〜す。(^o^)/

FullSizeRender 50

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから