昨日、京都で、友達に誘われて、御金神社という、お金にまつわる神社に一緒に行くことになりました。

京都の繁華街からだとタクシーで10分ほどで行ける距離でしたので、まずは、お参りしてから、近くでランチをしょうという計画です。

タクシーの運転手さんにお願いして住所を言うと、すぐに神社の前まで連れて行ってもらいました。

場所は、地下鉄烏丸御池の駅から徒歩8分程で、二条城の近くの住宅街にある小さな神社です。

実は、実家が京都だったのですが、全く知りませんでした。

友達の話によると、宝くじを買ったら当たりましたとか、不動産投資をすれば良い物件に当たりましたとか、、、。お金や不動産に関しての神様らしいです。

最近のSNSで、きっと有名になったんではないかと思っています。

まぁ、私たちにとっては、都合の良い神様なので(笑)、タクシーに乗って、その話をしたら、運転手さんもよくこちらにお客様を連れて行くそうですが、お参りをしただけで宝くじが当たれば、宝くじは破綻でしょう?!(笑)と冗談交じりで話すこと数分、鳥居の前で降ろされました。

さてと、そんな冗談はさておき、早速お参りです。

この鳥居の写真は、よく携帯の待ち受け画面にする人がいるんだよ!と、地方から来た友達から説明を受け、言われるがままにとりあえずシャッターを下ろしました。

鳥居をくぐると、優しそうな初老が座っていて私たちに話しかけたんです。

「どこから来られました?」
穏やかな表情に、少し話をし始めると、
「実は私も今日ここに初めて来たんですが、皆さんお金のことでずいぶん悩んでらっしゃったり、困ってらっしゃるんですね…。なので、私が五千万ほど稼ぐ方法をお伝えしようかと思ってましてね。
いかがですか?お参りの後で構いません、もしよかったら、お話しましょうか?」と勧誘の言葉。

一瞬、運命の大富豪??と気持ちが揺らいだものの、そりゃそうだわね、お金に困っていなかったら、神社にわざわざくるわけないもんね。私たち…(笑)
よっぽど私たちお金に迷ってると見たんだわ(笑)と思いながら、参拝を済ませました。

友達が金の財布を以前買ったので、もう一つ買いたいとの事。何?何?金の財布?

金額も1000円位なので、私も1つ購入。
タイミングが悪ければ、この福財布、売り切れている可能性もあるようです。ラッキー♪

後で、聞いてみると、友人は半年ほど前にこの神社に行って、お参りをし、お財布とお札を購入したようです。
すると、持っていた不動産の確定申告で、払うはずの税金が帰ってきて、その後、お父様をなくされ、その贈与で、お母様から少しお小遣いをいただいたと聞きました。

まぁ偶然とはいえ、何事もいいように考えた方がいいので、私も帰ってから、黄色いお財布に、真っ新のお札と、通帳入れて大事にしまっておきました。

さて、お参りをして、気分もすがすがしくなったところで、座っていた初老人に、「私たちこれから食事に行きますので、これで失礼します」と、別れを告げました。

何やら初老は、自分は水素水を飲んで病から克服されたそうです。そして、この水素水を販売するビジネスをお話ししたかったようなんです。

ホ〜〜〜、やっぱりそう出てきたか、本当に良い話だったらどうしようか?と後ろめたい気持ちもしたのですが、そう切り出された瞬間に納得ができました。(笑)

やはり、お金と言うのは本当に魔物ですね。

一見優しそうなこの初老の方が、ビジネスのお誘いのカモを見つけていたなんて…。

まぁ、本当はビックチャンスだったかもしれませんし、真意は分かりませんが、、、。
それでも、自分にお金があっても、無くても、心の隙間から、いろんな人が寄ってくるんだなぁと勉強になりました。

私は、御金神社で起きたことをきっと忘れないでしょう。

多分、神様は私たちにメッセージを残してくれたかもしれません。

帰りに、もう一つ甘い誘惑に誘われました。
それはこちら、

おいしいランチを堪能し、最後は甘い誘惑で締めくくります。

そういえば、ハート型の、紫陽花見つけられる?って、友人に言われた瞬間に見つけた白い紫陽花。

ほら、ハートに見えませんか?
やっぱり私ついてる!

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします