2月4日は、旧暦で言うと12月30日立春で、明日から新年の始まりになります。
今日は月曜日、冬土曜の期間の振り返りと今週をどう過ごすかについて考えていました、そして、この期間に考えたことで、私なりの気づきを得ることが出来ました
そんな体験を綴ってみたいと思います。

思い出の写真整理

仕事の方は予定通り進み、思い出の品の整理をする事をテーマにしていたため、週末は、子供たちの小さい頃の写真の整理に取り組みました。

幼かった子供たちの写真を見ていると、私にとって一つ一つの写真が、キラキラした宝石のように感じました。

今では、全てがデータ化しており確かに紙に比べると保存も楽ですが、写真というのもなんとも趣があっていいものですね。

人生を振り返る1週間

今週は、週末の3連休から、自分の内面を見つめる旅に出ます。
なので、自分がどんな人生を生きてきたのか?自分史を作る1週間を予定しています。

立春という今日、春の旅立ちの前にこういった準備をするのは、まるで、学生時代の卒業アルバム作りのような感じでした。

整理をしながら、たくさんの想いが溢れ出してきました。

そういった意味でも、子供たちのアルバム整理は、色々考えるいい時間になったようです。

子供と過ごしたキラキラとした時間

今、自分史を作っています。

まぁ、自分の歴史なんですが、生まれてから今まで、どのような歩みをしてきたかを年代ごとにまとめています。

しかし、子供たちが生まれてから少し大きくなるまで、ほとんど記憶がありません。
多分、子育てに精一杯で、思いにふける時間も無かったんだと思います。

育児に忙しいと言いつつも、毎年のように冬はスキー、夏はキャンプと家族で楽しんだ思い出はたくさんあるのですが、なかなか記憶が蘇りませんでした。

しかし、写真に写っている幼少の頃の子供の笑顔を見ていると、形ではなく、この子たちと過ごした一つ一つの時間が、私にとって宝物だということに気が付きました。

『愛しています 自分の命と同じ位変えがたいものです』

両親が私に愛情を注いでくれたのと同じ位、私も子供たちに愛情を注ぎました。

もちろん、間違った愛情もあったかもしれません。
喧嘩したことも、怒ったことも、泣いたことも、あったかもしれませんが、すっかり忘れて、今では、全てがかけがえのないキラキラとした宝石のようです。

当時は、子育てをするのに本当に精一杯で気がつかなかったんですね。

振り返ることの大切さ

今まで時間がない!!と思って先送りしていたことを、今こうやって一つずつ振り返ることで、キラキラした時間を過ごしてきたんだなぁと実感することができました。

今年に入って、1週間単位での振り返りや、月単位の振り返りをしてきましたが、出来たとか出来なかったとかという単純なことではなく、そこで何を考え、次にどう行動したか?何を学んだかが大事ですし、この蓄積が、キラキラとした時間になったいくのでしょう。

自分の残された時間がいかほどかは知る由もないのですが、与えられた時間を豊かに使うことが、私にとっての使命なんだと、今はっきり感じています。

今週1週間、新しい発見がとても楽しみでなりません♪

 

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします