1月も終わりに近づき、大寒の時期となりました。暦の上では、寒さが一番厳しい時ですね。
こんな時に仕込む味噌は格別です。

今回も、甘酒探究家くろぶーが味噌作りの助っ人に来てくれました。

そして、中国から可愛いお嬢さんも参戦です!
なんでも、9日間の修学旅行に日本を訪問。
ホームステイに3日間だけ奈良に滞在しており、ホームステイ先の方と一緒に味噌作りを体験です。

いつもは、少人数で本当に大変だった味噌作りも今年は、大賑わいです。

まだ中学生という年齢で海外旅行に来てるなんて、なんていいんだろう〜〜!!って、本当羨ましいなぁと思い、ふと30年前に、私が仕事で中国上海に行った時のことを思い出しました。
その頃は、紺のトレンチコートに赤のマフラー、真っ赤のルイビトンのバッグを持って上海の繁華街を颯爽と歩いていたら、みんなが振り返ってくれたことを思い出しました。

当時は、中国もまだまだ発展が遅れており、デパートのビル建築には、木造の脚下駄が組んであって、子供はトイレがどこでもすぐ出来る様にとお尻の破れたズボンを履いていた事が非常に印象に残っています。
そして、地方の田舎のトイレはただの溜池のようになっていて、男女の区別はあったものの、仕切りすらなく、数人でトイレをしてもお互い背を向けて用を足していた記憶が蘇りました。笑

あれから30年、中国は凄い変化を遂げ、今ここにHuaweiの携帯を持った女の子と一緒に味噌作りをしているなんて!思えば、どんどん進化している中国に驚くばかりです。

そんな国際的な味噌作り、麹の出来上がり上々で、明日はいよいよ大豆を蒸して味噌を作ります。

こちらが、昨年のブログ記事です。



この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします