スーパーの果物売り場では、必ずと言っていいほど見かけるりんごですが、こちらもきゅうりと同じく、本当は旬があってこれからがおいしい季節になります。

奈良県はりんごが産地ではないので、あまり美味しいりんごに巡り合ったことがないのですが、それもそのはずです。

いつでも、食べられるように、昨年取れたりんごを冷蔵収納して、少しずつ切り売りするかのように夏の間でもスーパーに並んでいたんですからね。

長期保存できるりんごですが、そうやって考えると、確かに、夏のりんごはみずみずしさとさくっとした歯ごたえがないように感じます。

なので、きゅうりと同じく旬の時にできるだけ食べるようにして、それ以外はあまり買わなくなりました。

そろそろ、スーパーにも色々な種類のりんごが出回ってきたようです。

冬に長野にスキーに行くと、必ず道の駅で傷の入ったりんごを安く買い求めてりんごジャムにするのですが、その味が忘れられなくって、思い切って今回はジャムにしてみました。

子供もあまり甘くなくほどよい食感がある手作りジャムなら、トーストに山盛りのジャムをのせてあっという間になくなります。

毎回作るのも大変ですが、今では圧力釜を使って手間いらずで楽しんでいます。

まずは、りんごの皮を向いて電気圧力釜に入れて、高圧で4分します。

電気圧力釜なので吹きこぼれの心配はありませんし、ほっておいても問題なく時間になれば勝手に出来上がっています。

初めて使用するときは、高圧で4分だったので、じゃ〜4分で出来上がると思っていたのですが、
スイッチを入れる→加熱→圧力4分→さます→蓋を開ける
で概ね20分ほどかかっているでしょうか。

実際に測ったことはないのですが、どっちにしてもほっておいたらできているという感じです。


その後、お好みで砂糖を加え、レモン汁やシナモンを加えるとオリジナルのジャムが出来上がります。

りんご4個ぶん程で両手いっぱい(200cc)ほどのジャムが出来上がります。

ジャムにしては、すごい量と思われるかもしれませんが、甘くないのであっという間になくなります。

どちらかというと、フルーツコンポートを食べているような感覚ですね。

なので、瓶を煮沸して長期保存などした試しがございません(笑)

『りんごは医者いらず』という言葉がありますが、りんごには食物繊維、クエン酸、リンゴ酸、ビタミンB、C、ミネラルなどが多く含まれ、便通改善や腸内環境改善を整え美肌・美白、動脈硬化予防の効果もあります。
また、熱を加えても成分の多くは保たれるようです。

これから、おいしい季節に入ってきますから、果物として摂取するだけでなくジャムとしても是非お楽しみくださいね。

今回使用した電気圧力鍋はこちらです。

忙しいお母さんでも簡単に使いこなせますよ!

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから