12月に入り、クリスマスが近づいてきましたね。
最近では、クリスマスを楽しみにするというよりも、出費がかさむ方が多いなぁと感じる毎日です。笑
さて、こんな私でも、小さい時はクリスマスがとても楽しみでした。

小さいときの思い出を振り返りながら、人生を豊かに過ごすとはどういうことなのか?を考えてみたいと思います。

クリスマスの思い出

私が幼稚園の頃、12月に入ると日めくりカレンダーを作って、1日、1日、クリスマスがやってくるのを楽しみにしていました。
それはクリスマスパーティーで、ケーキを食べられること、そして、イブの夜にはサンタさんがやってきて、プレゼントを枕元に置いてくれることが楽しみでなりませんでした。

どれだけワクワクして1日、1日を過ごしたことでしょう。

成長と共に現実的な大人になってしまう

しかし、大きくなるにつれてサンタクロースは実際にはいないんだと薄っすら気付くようになり、クリスマスプレゼントは親がいつも用意してくれていたと現実を知ると、次第に、いつの間にか、枕元にはクリスマスプレゼントはなくなっていきました。

夢が、現実になったのです。

夢が現実になると言うととても良いことのように思いますが、サンタクロースなんていないという事実との交換で、クリスマスプレゼントは無くなったのです。

そして、子供の頃に感じたワクワクした気持ちをすっかり忘れて、今では、自分で自分に購入するようになりました。

夢は叶ったのでしょうか?

いえいえ、自分で、夢(サンタはいない)を現実にしたのですが、願い叶ってはいませんよね。

もう一度、夢を描いてみませんか?

本当にサンタクロースがいて、欲しいものをクリスマスの日にプレゼントしてくれると思って、願いをオーダーしてみませんか?

いやいや、サンタクロースなんていないから、、、
そんなのムリムリ、、、

もし、そう思ったらあなたの願いは1つもかなわないでしょう。

思考は現実化する

しかし、願いは叶う。

そう信じてサンタクロースにお願いすればきっと叶うって信じてみませんか?

私たちはついつい、これは無理!
これはできない!
頭ごなしに決めつけて諦めてしまう思考のクセがあります。

それは、今の自分が、勝手に判断して決めつけているからです。

では、現実の自分ではなくサンタクロースと言う人物に投影することで、自分の考えを抽象化してみましょう。

そしたら、夢が実現化するヒントがきっと降ってくるのです。それは、黄色を意識すれば、黄色い物が飛び込んでくるように。

クリスマスプレゼントはきっとあなたの元にも届きますよ

小さな頃のあのワクワクとした毎日を思い出してみてください。
クリスマスまで毎日カレンダーを眺めながら過ごしていた日を。

その頃の私たちは、疑いもなくプレゼントが届けられると信じて願っていたのです。

思考は現実化する

まさしくこれが、あなたが小さい時に体験した、神様からのクリスマスプレゼントなんです。

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから