9月に入り、ちょっぴり秋めいてまいりましたね。
そして私のコーチングの勉強もそろそろ佳境に入ります。そう、秋の試験に向けてラストスパートです。

始めた頃はコーチングもカウンセリングも全くわかりませんでしたが、今、ひしひしとコーチの重要性について感じています。

そして、私が経営者に向けてコーチングをお勧めする理由を書いてみました。

ぜひご参考になってください。

コーチングをお勧めする理由

  • 自分の考えを言葉に出すことで、コーチから適切なフィードバックがもらえる。
  • コーチの質問力により、思いもよらない気づきが得られる
  • 自分の現状を自分で確認することができる
  • 「これでいいんだ!」自分にOKを出して前に進める
  • コーチが加わることによって考え方がまとまり、行動が加速する
  • 他人から指示されるのではなく、自分で決めて進める
  • 経営者は、所詮1人なので、第三者的にコーチをつけるのは有効である。
  • Skypeなどの会話のため、余計な費用はかからない。
  • 事前に何かしなければならないと言う事は無い

デメリット

  • コーチの質問力でかなり質にばらつきがあるため、自分に合ったコーチを選ばなければならない
  • 費用がかかる
  • コーチとの信頼関係がなければ、成果は得られない
  • コーチが勝手に解決してくれたり、アドバイスする訳ではない
  • 話をする時間はSkypeなどで約1時間、概ね月に2回ほどで、結果を出すのに3ヶ月から半年かかる。

私にとってコーチとは

私にとってコーチとは、闇雲に人生を1人で駆け抜けるのではなく、誰かと一緒に人生を走っていくものだと思います。そして、そのサポートや、伴走者をしてくれるのがコーチです。

このブログも、モノクロさんと言うコーチがいたからこそ600回を超えるブログ数を叩き出しました。もし1人なら私はきっとサジを投げていたことでしょう。

もしあなたに、何か目標があって、でも何故か走り切れない、、、そんな時はぜひコーチに頼ってみてはいかがでしょう。

コーチは、時に的確なフィードバックを、時に、叱咤激励しながらも、思い描いたところまで、きっと一緒に走ってくれることでしょう。

さぁ〜大富豪一直線、駆け抜けますよーーーー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから