私が、ホットクックの料理って美味しいよ〜〜って、いつも言ってるんだけど、どうも出来上がりの鍋の中の写真を見る限り、美味しく見えないんですよね〜〜。

で、よくよく考えたら、同時調理になるから、ピーマンとかナスの色味が鮮明にならないんですよね。

これは、フライパン料理に比べて時間差で食材を入れないので、当たり前と言えば当たり前で、だからと言って、わざわざそれだけ湯がいたりするのも面倒だし、、、

それじゃあ、使っている意味ないやん!と思っています。

もちろん、家族のみんなは、この調理方法がかなり美味しいと思っているので、全く問題なんですが、やはり、人に伝えたりする時は、やはり、見映えも重要ですよね。

そこで、役に立つのが薬味の活用です。

以前は、その都度買っていたんですが、それだと、なかなか欲しい時にない!という事態が発生!

なので、今ではタネを買ってきて、プランターに植えたり、薬味のポット苗を買ってきて、すぐ手に届くキッチンの窓辺においています。

例えば、出来上がったブレイズ(蒸し煮)料理に、

パセリやバジル、山椒などをトッピングすると、グッと美味しく見えてしまします。

こちらは、ベビーリーフを上に盛り付けました。

薬味は、料理に彩りを添えるだけでなく、味にバリエーションが加わりますし、減塩効果もありますので、大いに活用していきたいものですね。

こちらが、噂のホットクックです。私は、2.4Lを使用しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから