ブレイズって、聞き慣れない言葉ですよね。

私もホットクックを買うまで、この言葉は知りませんでした。

と言いますのも、普通の鍋では、特殊な鍋で無い限り蒸し煮にし難いので、馴染みが薄いのだと思います。

私も、今までは、煮込む、焼く、炒める、湯がく、蒸すという単体調理でした。

ブレイズとは、フランス語で蒸し煮という料理で、まぁ、無水鍋のように鍋が何層かの構造になっていて鍋が一定の温度で全体を温めつつ、野菜の水分で蒸しながら煮ていくという料理です。

ペラペラの鍋では、水を入れないと直ぐに焦げますし、火力の調整も難しいです。

また、低温で長時間煮込んだりするときも、ずっとガス台に張り付くのも一苦労です。

ですが、ホットクックを購入して以来、とにかく野菜を刻んで入れる→調味料を入れる→スイッチを押して時間まで待つ、というとってもシンプルな方法になりました。

しかも、野菜の味がグッと凝縮されており美味しいということを自分の舌で知ってから、毎日使っています。

お陰様で、バランスよくお野菜が摂取出来ていますので、これを機にダイエットに挑戦しようと思っています。

確かに、栄養バランスもお手軽にできますね。

てっか、あまりの美味しさに結構食べ過ぎてしまいますから、ここは心を鬼にして頑張りたいと思っています。

中華風ブレイズ料理

用意するもの、なんとなく中華風でも合いそうな野菜(笑)

  • キャベツ
  • カラーピーマン
  • しめじ
  • 玉ねぎ
  • なす
  • ズッキーニ
  • 豚バラ肉

調味料は、

  • ゴマ油 大2
  • 豆板醤 小2
  • 甜麺醤 大2
  • 味噌 大2
  • 塩 小1(全体の6%)で、スイッチオン!!

おおよそ20分

塩加減は薄めにして出来上がった際に微調整しました。

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから