携帯アプリを使って簡単な運動を始めて半年が経ちました。

携帯アプリを利用することで何が良かったかというと、いつでも気軽に始められるということです。しかも、起動させてしまえば、流れのままにと、にかくやらざる終えません。

以前は本を見ながらやっていたのですが、本を見るということは、字と写真を目で確認して読むことに集中しないといけないので、その動作を理解するまで時間がかかります。

しかし、アプリなら強制作動になるので、何となくやっている動作でも一回とカウントされ、明日も一回、明後日も一回と続きやすく、そのうち慣れてくると動作も覚えてきますし、今度はどうやったらうまく負荷をかけられるか?ということを考え始めるので、日に日に良くなって続く訳です。

しかし、最近になって、今度は時間の壁が出てきました。

始めは3分間フィットネスというアプリを使ったのですが、こちらで運動量は3分なのですが、それに伴い、準備したり運動と運動の中継ぎ時間を含め、約7分の時間を要していました。

3分も、7分も自分の中では許容範囲でしたので、そんなに無理なく続けられていましたし、慣れてくると少し物足りなくなるくらいでした。

そこで、導入したのがDaily Yogaです。

こちらは、本格的ヨガのレッスンを受けられるコースです。

無料版をダウンロードして始めて見たのですが。

こちらも、バックミュージックと音声と映像での解説となかなかオススメのアプリです。

しかし、ここ数ヶ月進めて行くうちに、アプリ内の新しいレッスンを受け始めてました。

すると、時間が20分、30分と徐々に伸び始めてくるではありませんか。

マットをひいて、アプリを稼働させて運動をし、また片づけとなると30〜40分かかり、途中で止めてしまった事もしばしばありますし、今日は時間が無いなぁ〜と思い、やらなかった日がではじめてきました。

なので、もう一度基本の15分に戻って毎日、柔軟運動を続けるようにしています。

やっぱり、習慣化するには、ある程度のお手軽さと時間も取り組みやすい時間にすることが大切なんだとしみじみ思う今日この頃です。

やはり、15分の壁は厚いです!!

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから