梅雨のジメジメ時期は、台所の排水口などがてきめんヌメってきました。

特に排水口やスポンジを置く所は黒カビや赤カビの巣となり、気がつくと見えないところがヌルヌルです。

実は、今まで吸盤式のスポンジ台を使用していたのですが、吸盤を取り外して洗うのが結構面倒な上に、吸盤のゴムパッキンにカビが付着するとなかなか取れないのが難点でした。
しかも、何度も吸盤を動かすと、吸着力が落ちてしまいます。

そこで、何か良い方法がないかと思案していたのですが、吸盤付きのスポンジ台を辞めて、こちらの石鹸置きをスポンジ置きに代用です。

変更してからの利点は、

  • 吸盤で設置されていないのでこまめに洗える
  • シンプルな構造なので、洗う箇所が少ない
  • 置場を変える事で、風通しが良くなり、カビの棲家が出来にくい
  • 安価である(今回は100円均一ショップで購入)と、なかなかの優れものです。

置く場所も、適時変えており、普段はシンクの中に置いてあります。
これなら、スポンジからの水滴が落ちても、安心ですよね。

調理台もシンプルになりいい感じです。

結局、シンプルな方が、掃除もしやすいですし、作業もはかどるようです。

スポンジ台のヌルヌルが気になったら、アマゾンでポチか100円均へGO!

お試しくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから