あ〜〜〜、時間がない!!とイライラしたり、諦めていることってありませんか?

実は、私たちは多くの事柄を一度に済ませず、何度も繰り返し行っているのです。そこには、必ずのりしろと言われる、ダブった時間が発生しています。

小さな改善は、時間の余裕を生み出します。

合言葉は、一度しか触らない!!です。

是非、チャレンジしてみてください^ – ^

一度しか触らない!という考え方

毎日の日常生活で見渡してみましょう。

溜まった郵便物

朝起きて、郵便受けの中を見ると、広告やチラシ、請求書、ダイレクトメールが入っています。

いつもの自分なら、一旦、テーブルに置いて、落ち着いた時に仕分けていました。

しかし、一度しか触らないというルールを設けることで、郵便物を手にした時点で要らない広告はその場で捨てる、請求書はその場で開封し、請求書入れに入れる、返信すべき書類は、スケジュールをチェックして行くかどうか直ぐに判断します。

なので、郵便受けからキッチンに到着するわずか30秒である程度の書類も片付いてしまうのです。

これをすることで、テーブルの上にある書類に更に郵便物が溜まるということは防げるはずです。

毎日の洗濯物

洗濯物は、取り込む際に個別にたたみながらカゴの中に入れます。

例えば、家族の服が縦横無尽に干してあっても取り入れるときは、自分の物を先ず優先にたたみながら取り入れていきます。次に娘の物を、次に主人の物を、、、、と。

すると、タンスに入れる際に取り入れたカゴを側まで持って行きタンスに入れるだけになります。

これで、取り入れてから後でたたむという煩わしさが残りません。

人との約束

人との約束事は、一旦、日程を決めてしまってGoogleカレンダーに予定を入れておきます。後で予定を決めるとなると、それだけでもエネルギーを使いますし、日程だけでも先に抑えておく方が、スムーズに話が進むようです。

とは言え、スケジュール調整も、相手のあることです。
どうしても決まらない場合は、自分の空いた時間を相手に伝え、任せておくと、結果だけが帰ってくるので、こちらとしては案外、気が楽なものです。

それでもやっぱり、できないこともある

今もブログを書きながら、「一度しか触らない!」と呪文を唱えながら書いています。

だって、既に割り込みの電話で用事が入ってきて、私のお尻はウズウズするくらい出来事に反応しています。笑

しかも、人が出入りするキッチンで書いているので何かと気が散るのは確かです。
確かに、前回書いたブログでも娘に対して「イラ〜!」っときた感情がありました。

自分用の書斎を設けるか?とも考えている今日この頃です。

まだまだ、改善点の余地はありそうですが、一度しか触らないということを前提に取り組むことで、のりしろ時間の有効化ができそうですね。

もう一度いいます、「一度しか触らない!」というルールで物事に取り組んでみましょう♪

こちら参考図書です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから