今週は、季節が移り変わったことで日常生活で取り組んだ、衣替えということについて焦点を絞り書いてきました。

このように、タンスを整理をするだけで様々な物やことに縛られていた過去の自分がいたのです。

一つずつ向き合ってみる

その場その場のシーンにあった洋服を着ることで、毎日を快適に、生産性を高めることができます
しかし、実際に洋服と向き合ってみると、本当に着心地が良いか?とか自分の仕事のニーズに合っているか?
と、向き合ってみると意外とこの洋服よくないんじゃないかなぁ〜と思い始めます。

たとえば、仕事着です。
私は、花を作っていますので農作業に帽子や手袋・長靴など、柔軟な作業にも対応できる洋服はかかせません。

しかし、実際に手に取って着てみると、少し窮屈だったり、余計なものが付いているため作業の邪魔だったりと機能性にかけるものもありました。

また、以前は外出着で購入した洋服がくたびれたので、作業着に使用しているものもありますし、反対に、着てないのに捨てるのが惜しくて、そのまま今シーズンを迎えようとしている洋服もありました。

行動を妨げているものを排除する

だから、たくさん服があってもいざ着ようと思うと見当たらないのです。

そして、その不安からまた物を買ってしまうというサイクルになるのです。

そこで、このように物を整理し、排除することで、空間も気持ちも、ずいぶんすっきりしたような気分になりました。
いえ、気分だけでなく行動もです。

足りないものは補おうと買いますし、すでにあるものは可視化されていますから、これ以上買う必要性がないことに気がつきます。

すると、物に対しての不安は薄れ、自分にとって何が大事かが見えてきますから、全てのことに対して自由度が高まってきたのです。

行動に制限をかけないで

このように、人は無意識のうちに行動に制限をかけているのです。

しかし、意識的に制限を外すには、ちょっとした改善しか無いのでは?と思います。

なぜなら、毎日のちょっとした無意識で行っている行動なので、それが悪いとか全く気がつきませんし、蓄積されて行動に制限をかけていることすら全く気がつかないのです。

自分の行動にブレーキをかけているのは、本当に些細なことからなんですね。

是非、今月の衣替えに洋服の整理の仕方を見直してみてください。

身も心もスッキリ!といきたいものですね

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから