しあわせ満ちる ♪

幸せの青い鳥をあなたに

人は無意識のうちに行動に制限をかけている。衣替えをきっかけに見えてきたもの

今週は、季節が移り変わったことで日常生活で取り組んだ、衣替えということについて焦点を絞り書いてきました。

このように、タンスを整理をするだけで様々な物やことに縛られていた過去の自分がいたのです。

一つずつ向き合ってみる

その場その場のシーンにあった洋服を着ることで、毎日を快適に、生産性を高めることができます
しかし、実際に洋服と向き合ってみると、本当に着心地が良いか?とか自分の仕事のニーズに合っているか?
と、向き合ってみると意外とこの洋服よくないんじゃないかなぁ〜と思い始めます。

たとえば、仕事着です。
私は、花を作っていますので農作業に帽子や手袋・長靴など、柔軟な作業にも対応できる洋服はかかせません。

しかし、実際に手に取って着てみると、少し窮屈だったり、余計なものが付いているため作業の邪魔だったりと機能性にかけるものもありました。

また、以前は外出着で購入した洋服がくたびれたので、作業着に使用しているものもありますし、反対に、着てないのに捨てるのが惜しくて、そのまま今シーズンを迎えようとしている洋服もありました。

行動を妨げているものを排除する

だから、たくさん服があってもいざ着ようと思うと見当たらないのです。

そして、その不安からまた物を買ってしまうというサイクルになるのです。

そこで、このように物を整理し、排除することで、空間も気持ちも、ずいぶんすっきりしたような気分になりました。
いえ、気分だけでなく行動もです。

足りないものは補おうと買いますし、すでにあるものは可視化されていますから、これ以上買う必要性がないことに気がつきます。

すると、物に対しての不安は薄れ、自分にとって何が大事かが見えてきますから、全てのことに対して自由度が高まってきたのです。

行動に制限をかけないで

このように、人は無意識のうちに行動に制限をかけているのです。

しかし、意識的に制限を外すには、ちょっとした改善しか無いのでは?と思います。

なぜなら、毎日のちょっとした無意識で行っている行動なので、それが悪いとか全く気がつきませんし、蓄積されて行動に制限をかけていることすら全く気がつかないのです。

自分の行動にブレーキをかけているのは、本当に些細なことからなんですね。

是非、今月の衣替えに洋服の整理の仕方を見直してみてください。

身も心もスッキリ!といきたいものですね

みっちゃん紹介

michann
家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top