今日は、ホワイトデーでしたね。
皆さんは、ちゃんと誰かにプレゼントしましたか?

夫婦を25年もやっていると、まぁ〜夫婦関係も冷めたもんで、だいたい同じ財布で暮らしているようなものですから、大きな期待などは皆無に等しい訳でして、、、

それでもまぁ、義理チョコのような感覚でチョコレートはバレンタインに買って渡すのですが、お返しというものはここ数十年全くありませんでした。
しかし、会社で事務員さんから貰ったチョコだけは、ちゃんと返しているようです。

これ、どう思います???

先日会った、友人のワンシーンと全く同じだったのです。
彼女は、私との待ち合わせの場所に息せき切ってやって来ました。
なんと!デパートに、ご主人が貰ったチョコレートのお返しを買いに行っていたようです。

そこで私は、以前、夫婦カウンセラーを専門にしている友人から、こっぴどく忠告されたことを話しました。

離婚に至るまでの経緯はそれぞれなんだけど、例えば、私はチョコレートをもらっていない!という些細なことからでも、離婚に及ぶことがあるのよ〜〜

だから、どんな時でも自分の気持ちをきっちりと相手に伝えなさい!って

責めるのではなく、自分の今感じている「悲しい」とか「寂しい」とかを伝えなきゃダメよ!って、、、。

夫婦というのは、長年連れ添っているから、これぐらいわかってくれるやろうという甘えが出てしまいます。

すると、なんでもかんでも後回し。
悪い例がこのバレンタインのお返しです。

夫のことを思い、デパートでわざわざチコレートを買っている妻のことに感謝しているものの、態度に現さず、
妻は、人のために買ってくるチョコレート、本当は私だってもらいたいという自分の感情にフタをして、

これ、冷静に考えたら普通かしら??

どっちが悪いっていう問題ではなく(強いていえば、どっちもだけど、、、)これが他人だったらどうかしら?

まぁ、これで良いねんってず〜〜〜〜っと、棺桶に入るまで思えれば良いけど、そんな小さな積み重ねがいつの間にか、大きな時限爆弾になって爆発したら、も〜〜大変!!

そんな風になる前に、自分の感情や相手の感情に気づいて、ちゃんと表現してみましょう。

相手を責めるのではなく、自分の感情をどう相手に伝えるかです。

難しいことかもしれません、しかし、欲しい物は欲しい!嫌なものは嫌!の気持ちをきちんと伝えられると、お互いをもっと理解できるようになるかもしれませんね。

では、素敵なホワイトデーを?

この記事を書いた人

michann

読書が好きで、本が速く読める(フォトリーダ)技術を持っていながらも、年齢と共に活字を読むことに煩わしさを感じ、現在は耳読に夢中です。



仕事は、花つくりを中心とした農業をしています。
お花に関する知識

・造園施工管理技士2級
・小原流 家元教授
・グリーンアドバイザー
・ハンキングバスケット・マスター

・食品衛生管理者

を持っています。



独身時代は、海外添乗の経験があり総合旅程管理主任者を取得し、今は趣味として旅を続けながら人生を謳歌中です。
また、

最近始めたゴルフは、100のスコアーを切るべく苦戦しながら楽しんでいます。



また、自分の強みであるコミュニケーション能力と社交性、個別化を生かし数年前より 社)コーチングプラットフォーム認定コーチとなり、コーチングで”自分らしくしなやかに生きる”を実践中です!



そんな私のブログですが、ちょっと覗いてみてくださいね。


みっチューブでは、赤飯動画がバズり7万再生回数を突破!

簡単に、炊飯器で炊けるできる赤飯動画も見てね!


詳しいプロフィールはこちらから