私達は、ついつい自分には何も取り柄がないと悲観したり、自信を無くしたりします。


特に主婦は家族の為に頑張っているけど、誰からも評価されないし、お金にもなりません。

すると、女性である、主婦であることを、マイナスととらえてしまうことも少なくないようです。



しかし、素敵な女性のお料理や生活のしつらえを目の当たりにして、このスタイルは一つの商品であると感じました。



それは、誰でも持っているのですが、磨けていないか?気づいていないか?なのです。

また、女性の持つ美しさは、それをアピールするにはうってつけの材料です。


ヨガの先生が太っていたら、その先生に習おうとは思いませんし、スタイルが良くて美人なら、皆んなの憧れの眼差しで寄ってくるのではないでしょうか?



では、そうでない人はどうしたら良いの?


そこそこ!!



私も考えたんですが、以前、堀江貴文さんが勝間さんを見て綺麗になられましたね〜って褒められましたが、よくよく彼女を観察するとその時の髪型がいつもよりお綺麗でした。


佐藤友美さん著書「女の運命は髪で変わる」によると、髪は一番最初に、簡単に変えやすいところだとありました。

確かに顔や体格を変えるには至難の業ですが、美容院に行ってなりたいイメージを伝えることで小さな変化をもたらすのです。



ほんの少しでも良いから変わりたい、、、
そんな風に思われている方は、さらに内面を磨くと同時にアウトプットを!
それは、友達を招いてランチ会を催し、情報交換をしたりしても良いでしょう。



そして、自分を広告と思って少しずつ変わっていくようにしたいものです。

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから