今夜の、奈良県宇陀市の気温はなんと!マイナス5度で、深々と寒くなってきました。
どうりで、部屋の外に出たくないはずだわ。と、天気予報を確認しながら、更にゴロゴロしている私です。

寒い日が続いていますが、そんな日には心も体もあったまるお鍋が、定番料理になってきました。

お鍋は、単に野菜を切って出汁の中にお肉と一緒にいれるだけで、ほんと美味しいお料理になっちゃうもんですから、主婦にとっては強い味方ですよね。

昨日は、おでん、そして今日は中華風鍋と食卓には温かいものが欠かせないのですが、今日はそんなお鍋料理に欠かせないなべ敷きの紹介です。

え〜〜〜、そっちかい!?

と、突っ込まれそうですが、ちょっと素敵な鍋敷きが数日前にやってきましたので、まぁ〜新人さんいらっしゃい〜♪って感じですね。

実は、以前はコルクを使用していたのですが、土鍋にくっついて、そのまま火にかけた事がありまして、鍋の底からエライ勢いで火が燃え盛ってしまって慌てて火消しをした事が数回ありました。

当然といえば当然ですよね。火の付いているガス台の上にコルクを置くわけですから、、、汗
すんごい勢いで鍋の底から火が出てビックリでした。

それから、コルクの鍋敷き以外に何かいいものがないかと探していたんですよ。そしたら、友人宅でこの鍋敷きを見つけて、あまりの可愛さに早速購入しました。

土鍋の質感と、鍋敷きの藁の感じがとってもマッチしていい感じです^ ^

今年の冬は、なべ敷きまで暖か気分です^ ^

この記事を書いた人

michann

michann

家族 主人、子供3人
仕事 農業 花と野菜

特異な事

ホトリーダ(本が早く読めます)
親指シフトユーザー(仮免 )
生花講師(ペーパードライバー)
英語(出来ないけど、会話を根性でできます)
株(億ション目指してがんばりま〜す!ヘックッション)

美を追求してすっかり迷宮入り、たまるものはレシートと脂肪。早く脂肪届け役場に渡さないと雪だるまになりそうです。

詳しいプロフィールはこちらから